FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2016年10月28日

今日はどこまで?お江戸まで?

団長の「八返舎一九」こと大内康弘です。
今回は十返舎一九の「東海道中膝栗毛」のごとく
「京街道中ひじくりげ」庭さん、亀さん珍道中?
お疲れ様でした。

皆さんが普段使う身近な道に、400年の歴史を感じる
「守口宿」と「京街道」

宿場と宿場の間にある「間宿」のほうが食事も安いので
食事を済ませて宿場に入る大名行列に、宿場から幕府に
クレームが付いて禁止になった等、人々が今も昔も
変わらない悩みを抱えていた?!のだと面白い
エピソードを教えていただいた郷土史研究家の
岸田護さん、ありがとうございました。

東海道五十七次の「守口宿」がますます興味深く
好きになりました!
posted by もりかど探偵団団員 at 19:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 団長のひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庭さん・亀さんの京街道中ひじくりげ 目指せお江戸日本橋?

今回は京街道中を探検してきました。守口の宿場などのお話を守口宿マイスターの村橋さんにもお話しをたーくさん聞きましたよー。
今回のリポートではお伝えできないほどの情報と歴史が守口・門真にはまだまだ詰まっています。
これからも、もりぐち探偵団は守口・門真の歴史を探索していきます。

   *****************

かめっちこと亀田しょうこです🎵
今回は、守口市内の京街道を守口宿から可能な限り歩こう、というものです💡

今回は守口門真歴史街道推進協議会で守口宿のガイドマイスターをされながら郷土史の研究もされている
村橋さんにご同行頂きました❗
さらにスタジオゲストに岸田護さんをお迎えしてダブル解説でお届けしました✨

まずは文禄堤の西端(西の見附け=出入口)からスタートし、本町橋、薩摩英国館へ。
薩摩英国館では店内に井戸が残ってあり、現在も大切に保存されています。

当時の建物が現存する三好写真館を見て、来迎坂(らいこうざか)へ。これは京街道から奈良へ向う道が今も残っているものです。
八島の交差点からは白井邸跡を見て、守口宿の本陣跡へ。
本陣というのは今でいうとVIP対応の宿泊所というイメージなのだそう。
難宗寺(なんしゅうじ)、盛泉寺(じょうせんじ)に寄ってから
瓶橋(かめはし)と言って橋があった跡地を見て、一里塚へ向いました。
このルート、途中で大きくカーブしたりジグザグになっていたりするのですが
これは、敵に攻め込まれにくくするための当時の工夫だそうです。
いまだにこれが残っているのは面白いですね!

そのまま京街道を進み、最後は淀川河川敷に到着したところで番組終了時刻を迎えました☀
日常で普通に過ごしていると分からなかったけれど
実は歴史の名残だったと知ると景色が変わって見えるような気がして楽しいですね!
まだまだ守口・門真には貴重な歴史が残されていると思うのでまだまだ調べていきたいです🎶
posted by もりかど探偵団団員 at 18:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

10月は「歴史の秋」

団長の大内です。

10月のもりかど探偵団は
「歴史の秋」シリーズと
勝手に名づけ、今回は第1弾

門真市立歴史資料館からは
企画展の様子を亀っちが、
中庭君は「歴史散策KA・DO・MA・P」を
手に、門真市内の歴史(一休生母の墓と
稗島のくす)をリポートしてくれました。

そして、淀川河川公園管理センターの
和田さんと電話をつなぎ、
「淀川舟運+歴史探訪ツアー」(申込締切)
について教えていただきました。
参加者みんなで力を合わせ、
枚方から守口まで淀川をボートを漕いで
移動するという、なかなか出来ない体験が
目玉の歴史探索です。

また「河内れんこん商い道ウォーキング」
実行委員会の奥田委員長と電話をつなぎ
11月27日に行われるイベントについて
お話いただきました。
150年前以上前に先人たちがれんこんを
運んだ道をノルディックウォークで
踏みしめる貴重な体験。
こちらはまだお申込間に合いますよ。

これからの季節、
歴史を探しにお出かけするのも
いいと思います。
posted by もりかど探偵団団員 at 19:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 団長のひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

守口・門真の歴史を巡る

今回は、守口・門真の歴史を巡るということで、門真市三ツ島周辺で歴史散策してみました。
まずは、一休生母の墓。ここにあの有名な一休さんのお母さんが眠っているのかと驚きましたが、頭に浮かんできたのはアニメ版一休さんでした。
二つ目は稗島のくす。
このくすの木は樹齢400年のご神木でした。なにより、民家の庭に佇んでいることに驚きました。

    *************

かめっちこと亀田しょうこです

おでかけにちょうど良い季節になりましたねこの時期は各地で歴史にまつわるイベントが開催されていて
守口・門真でも様々なイベントが企画されています‼

ということでまずは私が
門真市立歴史資料館に行ってきました🎵
現在、企画展「京街道と淀川〜京街道の宿場町と淀川舟運」が行われています✨
20161014_160655.jpg

京都と大坂を結ぶ京街道にまつわる資料、
伏見・淀・枚方・守口それぞれの宿場に関する資料が多数展示されており、
淀城の絵図や、八幡宮本社周辺の絵、「助郷(すけごう)」と言って宿場周辺の農民が宿場の人や馬を供給する制)の記録などを見ることが出来ます✨地元の知らない歴史を発見出来るかもしれません
こちらは来年2月12日まで展示されています。

次に淀川河川公園管理センター 和田さんとお電話をつないで
大内団長がお話を伺いました☀

続いて、中庭さんが「門真市歴史散策マップ」を基に、
門真市三ツ島周辺の歴史を感じるスポットを一巡り🎶
とんちで有名な一休さんの生母のお墓や稗島(ひえじま)の楠などを見て回ってリポートされましたちなみに門真市歴史散策マップは門真市立歴史資料館で手に入れられます🎵

最後は、HANAKOでもCM中の
「門真れんこん商い道ウォーキング」実行委員 奥田さんとお電話をつないで大内団長がお話を伺いました✨
11月27日(日)に、昔、門真れんこんを奈良まで運んでいた道のりを歩いて歴史の一端にふれる、というイベントが行われます

この秋、イベントに参加しながら体も動かして、歴史を身近に感じらがら健康に楽しく過ごしたいですね〜
posted by もりかど探偵団団員 at 17:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする