FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2018年08月24日

夏の防災特集

団長の大内康弘です。

今回は「夏の防災特集」

守口市門真市消防組合
消防本部 警備課の赤松さんに
お話を伺いました。

赤松さんも先月の西日本豪雨災害の際
緊急消防援助隊として広島県坂町で
活動されました。

活動内容は「後方支援隊」
救助隊・救急隊・消防隊の隊員の皆さんの
食事の準備や消毒など赤松さんの言葉を借りれば
「お母さんのような存在」なのだそうです。

赤松さんは、後方支援隊の隊員も
「もちろん救助技術もあり、現場に立たない歯がゆさも
あるかもしれませんが、後方支援をしてその大切さを
しみじみ感じます」と。
そして、
「自分をいつも温かく家で迎えてくれている
家族の偉大さも改めて感じる」と教えてくれました。

今回の西日本豪雨災害は、地震の被災地とも
また違い、広範囲の被害ではなく、ピンポイントでの
被害という経験に不思議な感覚もあったそうです。

「被災され長靴で作業されている方から、少し視線を変えると、
革靴で出勤されている方がいる。不思議な感じでした。」

「災害はいつどこでもありえる」と赤松さん。

だからこそ備えが大切なのだと改めて考えさせられました。


「大阪880万人訓練」
http://www.pref.osaka.lg.jp/shobobosai/trainig_top/h30_880.html
posted by もりかど探偵団団員 at 19:57| 大阪 ☁| Comment(0) | 団長のひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の防災特集

今日は災害対策について市民の皆さんにお話を聞いたのですが、ほとんどの市民の皆さんが対策を行っていました。
植木鉢を下に下ろすことや物干し竿を下に下ろすなど、皆さん気をつけていました。
大阪880万人訓練を含めて、これからもどんどん備えていきたいと思います。

こんにちは!団員の乾です。
本日のテーマは『夏の防災特集』でした。
昨日の台風は大丈夫でしたか?早めに家に帰られた方も多かったと思います。
インタビューでもお伺いしましたが、ベランダの植木鉢や物干し竿などを家の中に取り込まれていた。という方々が多かったです。
雨も風の勢いも凄かったですし、音も怖く感じました。
台風だけではなく、今年は地震や豪雨もあり大きな被害にもなっていますよね。
こうしたニュースを見ていると、やっぱり常日頃から避難場所の確認や、防災グッズの準備、そして家族と話し合っておくの事が大切ですね。
いつ、どこで災害が起こるかわかりません。私も、もう一度、災害対策を見直したいと思います。
posted by もりかど探偵団団員 at 17:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

海軍ばあさん

団長の大内康弘です。

今回のテーマは
「戦争体験を語り継ごう」でした

今回、戦争体験をお話頂いたのは
守口シルバー人材センター会員の
片倉益夫(かたくら・ますお)さん。
来月で89歳になられるそうです。

15歳で海軍に志願。
昭和20年1月から広島県の大竹海兵団で
3ヶ月間海軍の訓練を受け、卒業旅行のあと
軍用列車と舟で、四国は高知県須崎へ。
そこで本土決戦に向けての備えをしている中
片倉さんは、終戦を迎えます。

「玉音放送は、音が聞こえづらく、
終戦したらしいと周りから聞こえてきたが
勝ったのか負けたのかは分からなかった。
敗戦を知ったのは、1週間も後のことだ」
と片倉さんは教えてくれました。

昭和20年9月、未だ帰還命令も無い中
昭和三大台風の一つと言われる枕崎台風が
高知県にも大きな被害を出し
そこでやっと帰還命令がでました。

高知県須崎では、地元の方との
交流もあったとお話頂きました。

よく行った「海軍ばあさんの店」と呼ばれていたお店は、
息子が海軍に行っている女性が営んでいました。

帰還することになった片倉さんたちに
「海軍ばあさん」はおにぎりなどを作って
持たせてくれたそうです。
自分の息子に持たせるような
そんな気持ちだったのでしょうね。
帰還後も何度か手紙のやり取りはあったそうです。

無事に奈良の実家に帰れた片倉さん、
5人居た男兄弟(片倉さんは末っ子)も
皆無事に帰られたそうです。

16歳の少年が見た戦時中の日本を、
時に冗談も交えながらも、まっすぐお話頂いた
片倉益夫様に、心から感謝致します。

片倉さん.jpg
posted by もりかど探偵団団員 at 19:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 団長のひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦争体験を語り継ごう

毎年減り続ける、戦争体験者。その貴重な体験者から貴重なお話を今年も聞く事ができました。
毎年、思い続けることですが、本当に戦争の無い世界が訪れることを願い続けます。
本日ご出演いただいた片倉益男さん、お忙しい中お話くださり本当に有難うございました。



こんにちは。団員の乾です。
本日のテーマは『戦争体験を語り継ごう』でした。
8月6日は広島に…。9日には長崎に原爆が投下されました。

そして今回、守口シルバー人材センター会員の片倉益夫さんにお話をお伺いした模様をお届けしました。
今から73年前、当時片倉さんは15歳。大竹海兵団での訓練の内容や終戦後の生活についてなど、とても貴重なお話でしたね。
私も毎年この時期になると祖母に戦争の事を聞いてます。
こうして戦争を体験された方からお話を聞いて、次世代へ戦争の事を伝えていくためにも改めて広島や長崎に行きたいと思います。
これからも世界中の人々が安心して楽しく過ごせる世界になるよう祈っています。
posted by もりかど探偵団団員 at 17:04| 大阪 ☁| Comment(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする