FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2009年05月08日

守口・門真の殿様って?

団長・大槻なおみです

江戸時代、守口・門真を治めていたのは、淀のお殿様だった!
今週は歴史にうとい私も、常松さんのおかげで良く勉強できました。
この淀のお殿様(「永井さん」)、最終的には岐阜へ行かれたとのこと。
そこでふと思い出しました。
守口大根の事。
昔、守口で作っていて、それが今、岐阜で名産(守口漬け)になっている。
岐阜まで守口大根を持っていって広めたのは、この「永井さん」では!?
守口と岐阜のつながりにも興味が出てきましたねえ。

カンちゃんこと上林美香ですかわいい
歴史に詳しい女性“歴女”を目指してハリキッテ調査に出たんですが・・・
スタジオで解説してくださっていた常松さんにまだまだと言われてしましたもうやだ〜(悲しい顔)
でも、今日の探偵団で守口・門真の殿様についてはバッチリ覚えましたよ〜exclamation×2
最初に行ったのは“菅相寺”るんるん
ここでは守口・門真の領主・永井家について知る事ができる碑がありました〜exclamation
TS3D0069.JPG

そして、次に行ったのは“佐太陣屋跡”exclamation
1687年に設置された佐太陣屋は摂津・河内の年貢を徴収したりする場所だったそうです。
TS3D0073.JPG

どちらにも解説の札があるので、是非行ってみてくださいねるんるん
地元の歴史について勉強するのって面白いですexclamation×2わーい(嬉しい顔)


今日のボクは殿島町と堤根神社に行ってきましたわーい(嬉しい顔)

殿島町は・・・特に殿様とは関係ありませんあせあせ(飛び散る汗)

「殿」がついているから行ってきましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

堤根神社にも行ってきたのですが・・・少しは守口・門真の歴史、皆

さんに分かってもらえたでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

交通手段が今とは比べられないくらい発達していない昔は、殿様や家

来達は大変だったのですねぇふらふら

しかし、殿様が小走りで移動していたというのには笑いましたわーい(嬉しい顔)

そういう意味で言うと、交通の便が悪かった昔の国を治めていた殿様

はすごいなぁと思った中庭でした目


posted by もりかど探偵団団員 at 17:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。