FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2005年06月13日

虫歯を防ぐ方法

6月4日は虫歯予防デー
ということで、歯の健康についてお送りしました。
(実はこのテーマ、探偵団では2回目なのですが、前回は番組がスタートした2001年なので、4年ぶりの企画です。)

まず、現在歯の治療中という大森団員が守口市菊水通の守口市立菊水老人福祉センターへ。
こちらに通っている松藤さん(写真左)は、「8020運動」の表彰を2年続けて受けたとのこと。
現在84歳にして歯が23本残っており、歯の健康を保つ秘訣を聞いたところ
「別に特別なことはしてないが、歯磨きは朝している。あとはガムを噛む」とのこと。
日頃の歯磨きが歯の健康を保った例と言えるでしょう。

歯磨きはブラシをゴシゴシするという林団員は、専門家の話を聞くべく門真市歯科医師会の磯和先生にお話をお聞きしました。
まずは、虫歯になるメカニズムと個人差について聞きました。
唾液の分泌量が虫歯に影響を与えるそうで、少ない人の方が虫歯になる危険性が高いそうです。
また、虫歯の素となる糖分は、摂った量ではなく、どれくらいの間、口に残っているのかが問題だそうで、お饅頭やケーキなどを食べてもすぐにお茶やお水で流せばいいとのことです。
あと、子供が乳歯で虫歯になっても「後から永久歯が生えてくるから」と軽く考えると、バイ菌がたくさんいるところに生えてくるので良くないそうです。
また「歯医者の治療は痛い」というイメージを子供のころから植えつけると良くないので、子供へのしつけ等で「歯医者さん行って痛い思いをする」ということは言わないでほしいということでした。
先生から正しいブラッシング法を教えていただきましたが、あまりゴシゴシせず、歯と歯ブラシを直角にして小刻みに磨くのがいいそうです。(写真中2枚)
林団員は効果の低い歯磨きをしていたようです。
最後に定期的に歯科医院で定期的に検診してもらうことも大切で、「歯が痛いから行く」ではなく「歯を守るために行く」ということを心がけてほしいというお話でした。

大森団員は、門真市のかけはしさん(写真右)を訪ねました。
かけはしさんが生まれて初めて歯医者に行ったのがなんと60歳の時。
それまで歯は健康だったというから驚き!
さらに、子供の頃は歯磨きをしていなかったというから、さらに驚き!
ちなみに息子さんの中には歯医者さんに行ったことがないという方がいるそうでまたまた驚き!
歯の健康を保つ秘訣を聞いたところ「別に特別なことはしていないが、毎日歯磨きをして、間食をあまりせず、カルシウムを摂ること」だそうで、ごはんに牛乳をかけて食べるそうです。
この歯の健康メニューに探偵団は大盛り上がり!
○○団員が実際に食べてみる予定と・・・。
写真には歯は写っていませんが、とてもきれいな歯をされています。

虫歯を防ぐために、毎日歯を磨き、定期的に歯医者さんに診てもらうようにしましょう。
(「お前が言うな!」という団員の声がチラホラ・・・)


来週のテーマは「田植えのシーズンです お米について」です。

お米の配給制度があった頃の事を知っている、配給手帳を今も持っている
お米についての思い出などをおまちしています。

10-21.bmp

10-22.bmp

10-23.bmp

10-24.bmp


posted by もりかど探偵団団員 at 17:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スクープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。