FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2005年06月13日

田植えのシーズンです お米について    

梅雨に入り、田植えのシーズンとなりました。
今週は日本人の主食「お米」について調べてみました。

今回のテーマは、さんぱつ屋さんからの「米穀通帳を探してほしい」という依頼がきっかけで、この時期に合わせて行うことにしました。

まず、大森団員が探偵団の農業ネタでは何度かお世話になっている守口市にある砂原さんのお宅へ。
砂原さんをはじめ、ご近所のみなさんにもお集まりいただき、昔のお米にまつわる事情(米穀通帳や配給時代のお話も含めて)や、お米作りの移り変わりなどについてお話いただきました。

林団員は、番組の前に行われた門真市立五月田小学校区の田植えに行ってきました。(録音テープができたのが放送2分前というできたてホヤホヤ)
雨の中、五月田小学校の生徒さんと一緒に地域の大人の方の指導・協力で田植えを体験しました。
ちなみに五月田小学校の校長先生は林団員の中学時代の英語の先生だったということで、突然の再会となりました。
五月田校区では田植えだけでなく、稲刈りや「とんど」、収穫した米でお餅を作って食べるといった年間を通じての活動をしています。

一方、大森団員は・・・。
また食べてました。
砂原さんが用意して下さった、様々なお米を使ったお菓子をほおばっておりました。
もち米を使ったあられ、こがね餅などなど・・・。

大森にエサを与えないで下さい・・・。

おいしいお菓子をいただきながら、「昔は大阪城が見えた」「田んぼはいざという時は避難場所にもなる」といったお話をして下さいました。

林団員が「見つけました」とやって来たのは、守口市西郷通にある淡路米穀さん。
見つけたものとは「米穀通帳」
ご主人にお話を聞くと、昔はこれがないとお米が買えないというもので「住民票より大切だった」とのこと(今で言えばパスポート並み?)
購入できるお米の量も決まっていて、再発行不可だったとのことで無くしたら大変!
また、お米の味は冷えたごはんを食べれば分かるとのことでした。

10年ほど前に米不足で外国米で賄った時がありましたが、お米のありがたみを改めて感じておいしいごはんを食べましょう!

来週は「火起こし体験をしよう」ということで、マッチ・ライター等の着火具を使わずに火を起こそうというものです。(木とか石とか・・・)

※この活動日記に記載する取材先・リポート先について、個人のお宅については、テーマや演出などの関係で、表記した方が良いと判断し、先方の了解を得た場合を除いて、市名(守口市・門真市など)のみの表記とし、町名の表記はいたしません。

10-25.bmp

10-26.bmp


posted by もりかど探偵団団員 at 17:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎解明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。