FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2005年11月09日

マナーについて考えよう

さまざまな場所で気をつけなければならないのが「マナー」
今回は、マナーについて調べてみました。

まずは、マナーについての街頭インタビューで、大森団員がカナディアンスクエアで行われていた守口市シルバー人材センターのイベントにお邪魔して、シルバー人材センターの方やお客さんにお話を聞きました。
気をつけている点としては「電車の中や映画館では携帯電話を切る」「たばこは定められた場所で吸う」「挨拶をきちんとする」といった内容でした。
気になる点では、「電車の中での化粧や床に座る」「歩きタバコやポイ捨て」などが出ました。
続いて、林哲也団員が学園祭をやっていた大阪国際大学で若い人を中心に話を聞くと・・・。
気をつけている点では「電車の中では携帯を切る、化粧をしない」「授業中は携帯を切る」などでした。

今度は、その道のプロにお話を聞こうということで、まずは「弔事のマナー」について、大真会館の葬祭ディレクター佐藤さんにお話をお聞きしました。
主な内容をご紹介すると
・通夜での服装は明るい色でなければ平服でもよい
・アクセサリーは外す
・「通夜」といっても弔問は午後10時ごろまでに
・「香典に新札は失礼」というのは、最近では気にしなくてもよい
・弔電は定型文でもOK、喪主と面識がない時は、葬祭会社に確認するか、「(故人名)ご遺族様」でよい。
・その時、差出人名のほか、故人との関係を入れた方が先方も分かりやすい。
・葬儀は出棺までいた方がよい
・焼香後の立礼では長く話し込まない。
・遺族を励ますのはダメ
・葬儀後に弔問する時は、告別式から2〜3日開けて
などがありました。
まとめとしては「ご遺族のサポートをしてあげる」感じで接したらいいでしょう。ということでした。

次は「結婚披露宴でのマナー」について、守口ロイヤルパインズホテルのブライダル課にお聞きしました。
まず祝儀の額については、偶数(割れる数字)よりは奇数の方がいいと言われている。
スピーチにおける「忌み言葉」については「分かれる」「終わる」「切れる」などがありますが、新郎・新婦とつながりが強い方があえて使用してお祝いの気持ちを盛り上げることもあるそうです。
ただし、よほどスピーチ慣れした人以外はやらない方が無難とのことでした。
料理のマナーについては
日本料理では「食べながら次に食べるものを探す」のはダメ
フランス料理では「スープとパンは一緒に食べない」
中華料理では「れんげはスプーン持ちしない」
などがあるそうです。

リスナーの方からも、電車でのマナーや喫煙マナーについての意見を多くいただきました。

45-0.jpeg


posted by もりかど探偵団団員 at 21:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 謎解明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。