FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2010年10月15日

10月15日 今日のもりかど探偵団

【もりかどの新名物!?】

先月、23日(木・祝)に守口門真スイーツ選手権が行われましたが、そこでもりかどの新名物が誕生しましたひらめき

まずは主催の守口門真青年会議所の山口さんにスタジオにお越しいただき、お話をお伺いしました。
守口・門真の誇れる名物になるものを、自らが選ぶというこの選手権。
守口・門真の和・洋菓子、10店舗が参加し、今回の選手権のために作ったお菓子や、お店での自慢の一品を出品されました。
それぞれを市民の皆さんに試食してもらい、金賞・銀賞・審査員特別賞が選ばれました。

当日はスタートした直後から雨が降り、大変あせあせ(飛び散る汗)
山口さんは同時に行われたシンポジウムのこともあり、走り回っている状況だったそうですが、
500食あった試食は11時にスタートし、12時半ごろにはすっかり売り切れ状態。
雨が降っている中でも大盛況でした。

そして、今回の選手権で入賞したスイーツは・・・団員のリポーターが調査してくれました右斜め上

まずは、上林リポーターリボン
《銀賞》に輝いたスイーツとそのお店にお邪魔させていただきました。
お店は、守口市紅屋町のパティスリービスキュイ・ルレさん。京阪滝井駅のすぐ目の前、黄色いテントが目印ひらめき
こちらのスフレチーズロールケーキが入賞しました。
お答えくださったのは、オーナーパティシエの西出康二さん。
店名の「ビスキュイ・ルレ」はフランス語でロールケーキの生地の意味だそうで、
様々な種類のカットケーキやシュークリームもありますが、ロールケーキの種類がたくさんありますexclamation×2
スフレチーズロールは以前からある商品ですが、たくさんある商品の中でもこちらを今回の選手権に出品された理由は、
オープンは3年半前だそうですが、その当時、お店としてプッシュする商品を考えるときに一番苦労されたものだそうです。
生地にチーズが練りこまれたもので、けっこうあっさりしています。チーズ嫌いの方でも召し上がっていただけるものです。
商品を考えるときに目指されたのは、小さいお子さんからお年寄りの方まで幅広い年齢の方々に召し上がっていただけるということ。
そして、生地は「ふわっ」と、そして「しっとり」をこれでもかこれでもかというぐらいに追求されたそうです。
2〜3ヶ月はこの商品の考案にかかったそうです。
真ん中のクリームはコクがあるけど軽めの生クリームを使用されています。

スイーツ選手権当日は会場には行けなかったそうです。
《銀賞》の報告が届いたときは驚きで「銀賞って、何番??」という感じだったそうですが、やっぱりうれしさがこみ上げてこられたということです。
また、ご用意された試食品がすべてなくなった、少なくとも500人の方々に召し上がっていただけたことが何よりうれしいとおっしゃっていました。

       − − − − − − − − − − − − − −
中庭リポーターは《審査員特別賞》を調査手(グー)
こちらは、門真市常盤町にある御菓子處 絹笠(おかしどころ きぬがさ)さん。和菓子で、こちらの定番商品である「蓮花(れんか)」が賞に輝きましたぴかぴか(新しい)
お話をお伺いしたのは、製造部 部長の前野欣司さん。
形は門真の名産であるレンコンをかたどったもので、中は黄身餡で、生地にはコラーゲンが練りこまれています右斜め上
なかなか珍しい和菓子です。
6年ぐらい前にできたお菓子だそうですが、その当時にコラーゲンが入った和菓子は相当珍しかったのではないでしょうか?
ただ、このコラーゲンを入れる分量を決定するのが非常に難しく、アイデアが持ち上がってから、商品化にいたるまで、実に1年ほどかかったそうです目
こちらの商品も定番商品ですが、発案されるときに「何か門真のお土産になるような商品」を作りたいということだったので、今回のスイーツ選手権の主旨と合致していたこともあり、蓮花を出品されたそうです。
コラーゲンと聞くと女性に人気があるのは想像がつきますが、女性はもちろん、男性にも大変人気があるそうですトイレ
「蓮花」は和菓子組合などでもいくつか賞を受賞されているそうですが、また一つ勲章が増えたと、前野さんも非常に喜んでおられました。

          - - - - - - - - - − - - - -

そして見事、《金賞》を受賞されたのは、守口 ロイヤルパインズホテル ペストリーショップ「ラ・モーラ」さんの「ショコラフランボワーズ」
ペストリーシェフ パティシエの宇佐美智康さんと守口ロイヤルパインズホテル マーケティング課の一色 薫さんにスタジオにお越しいただきました。
スタジオに商品もお持ちくださいました。

 10101503.jpg 10101504.jpg

こちらの商品は今回の選手権のために考案されたスイーツだそうです。
宇佐美さんお一人で考えられたそうですが、こちらは3週間ほどで完成されました。
宇佐美さんがお好きなチョコとフランボワーズの組み合わせがお好きだそうで、構想はすぐに出来上がったそうです。
生地の中にはフランボワーズジャムと細かく刻んだくるみが練りこまれています。
またケーキ表面のチョコレートガナッシュにはレンコンの焼酎が入っているそうで、その分量の調整が難しかったそうです。
結構濃厚なチョコレートケーキです。
やはり、ホテルのケーキということで、見た目も高級感が溢れていますぴかぴか(新しい)

23日当日はお二人とも会場に行かれたそうです。雨の中でも多くの方が傘を差して試食し、「おいしい」の声がたくさん上がっていたとのこと。
若干のお酒が入っているけれど、お子さんにも喜んでもらえてよかったとおっしゃっていました。
また、《金賞》を受賞されたときは「まさかexclamation&question」というご感想を持たれたそうです。
15年パティシエを続けてこられてこのような賞に輝かれたことは初めてだそうで、とてもお喜びになられていました。

ちなみに、秋の限定スイーツ「栗のロールケーキ」もお持ちくださいました。
黄栗と渋皮のついた栗とが入っていて、表面には焼き栗のペーストが使用されています。
さらには黒蜜が入った餡も入っています。
栗好きにはたまらない一品。
黄色と茶色と白で、見ても楽しむことのできる一品ですぴかぴか(新しい)

宇佐美さんは、箱を開けたときに驚きと喜びのあるケーキ作りをこれからも作っていきたいとおっしゃっていましたハートたち(複数ハート)

================================================

今回受賞されたそれぞれのスイーツは現在それぞれの店頭に並んでいます。
定番商品はもちろん販売されていますが、今回のために作られた《金賞》の「ショコラフランボワーズ」は3ヶ月間は販売されていて、売れ行き次第で定番商品にもなるかも・・・ということでした。
これらが、今後市民の皆さんからどんどん波紋が広がるように各地のみなさんに広まって、
名実ともに守口・門真の名物スイーツになってほしいと思いますわーい(嬉しい顔)


posted by もりかど探偵団団員 at 18:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。