FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2014年07月25日

市民劇団は一つの家族

団長の大内です。

8月10日(日)にルミエール 小ホールで
門真市民劇団“いっぽ”第11回公演「体育の時間」が上演されます。
時間は14時〜と17時30分〜の2回公演。

今回は門真市民劇団“いっぽ”さんを特集しました。

創立17年の市民劇団。
8歳〜82歳までの男女約30人の団員がいます。
「3世帯、いえ4世帯の大家族です」とは濱中早苗団長の言葉。

「小学生ぐらいの若い団員が、70代、80代の団員さんに
サッと椅子を差し出すこともある」と。

なるほど、核家族化が普通の現代において
年長者を自然と気遣い、礼儀やコミュニケーションを覚えていく
まさに「大家族」なんですね。

世代を超え、1つの舞台で表現者としてぶつかり合う
素晴らしい仲間でもあるのでしょう。

プロの劇団とも、学生の劇団とも違う
市民の劇団の魅力はそういうところかもしれません。


posted by もりかど探偵団団員 at 19:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 団長のひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。