FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2017年01月27日

団員たちよ 味噌について調べてみそ

今日は味噌について、市民の皆さんに聞いてきました。
よく食べる味噌料理と言えば、やはり味噌汁が1番でした。
あと、土居商店街の南商店さんでのお話は非常に勉強になりました。
今度個人的に伺いたいと思いました。南商店さん有難うございました。

     ***************

かめっちこと亀田しょうこです🎵
毎月30日は「味噌の日」だそうです❗
今日は味噌について様々な方にインタビューしてきました✨

まずは、土居商店街にある南商店さんにお邪魔してきました
漬物・味噌を取り扱っているお店で、75年になるそうです。

お店では10種類以上の味噌を量り売りで販売されています。
産地の違う八丁味噌が2種類、白味噌や樹氷味噌(商品名)など、様々な味噌を樽に入れて販売されています。

味噌を使った料理のレシピやおすすめの味噌をお店の方から教えてもらいながら買い物が出来るのは
とても有意義だし料理の幅も広がります

その次に、
収録で大阪国際大学 人間科学部 人間健康科学科 准教授 喜多野 宣子先生
お話を伺いました。

味噌には赤・黒・白など色の違いがありますが、
熟成期間糀(こうじ)の種類塩分濃度 それぞれの作用により味噌の色が変わってくるそうです。

日本食ではお米と味噌汁という組み合わせは昔からありますが、
味噌には、米に含まれていない必須アミノ酸のリジンが含まれており、
栄養学がなかった時代から、理にかなった食べ方をしていたと言えるようです。

また、あさりやしじみなどの貝に含まれるコハク酸が味噌汁の旨味も栄養も向上。
外国では、エビからできたエビ味噌という味噌があるそうです。

収録では、喜多野先生のゼミに通う中野さんと川村さんにもお話を伺いました。
以前、ゼミで味噌作り実習をしたそうで、初めて糀を触ったそうです。
また、味噌作りでは、熟成・発酵の過程において他の食品の菌(納豆や漬物、ヨーグルトなどに含まれる菌)の影響を受けることから、実習前は納豆を食べてはいけないという注意があったそうです。

また、中野さんは香川県出身で、お雑煮にはあんころ餅を入れて食べるそうです。
雑煮にあんこ!?
まさかの組み合わせですが、香川県ではこれがスタンダードだそうで、大阪のおばあちゃんが作った普通の餅入りの雑煮を食べて驚いたそうです。

ということで、探偵団でもやってみました
インスタントの味噌汁(合わせ味噌)に大福餅を入れた模造品です。

結果、どうしても味噌の塩味と、大福の求肥・あんこの甘味がケンカしてしまうことに・・・
ちゃんと白みそとあんころ餅を使えばもう少し違うのかも・・・
一度本場のあんころ雑煮を食べてみたいものです。

今回は味噌について調べましたが
普段よく食べるものだけに、その奥深さに触れられるのは楽しいですね
味噌についてリスナーさんからもメッセージをいただき、
まだまだ調べるといっぱい発見がありそうです




posted by もりかど探偵団団員 at 18:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック