FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2017年02月10日

淀川あれこれ

今日は河川敷でリポート。
淀川のワンドを見てくるということでしたけど。
寒い!この時期の淀川は寒すぎでしょう!
でもワンド発見!うーん、ワンドでした。
皆さんはもう少し暖かくなってきてから行ってみてください。ワンドですが。

    **************
かめっちこと亀田しょうこです

今日のテーマは「淀川」

まずは、枚方市にある淀川資料館淀川河川事務所 調査課 松井さんにインタビューした収録をお届けしました。

淀川水系の範囲は、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、三重にわたっています。
大阪湾から1番離れた源流のひとつは滋賀県と福井県の境界近辺と言われています。
こんなに範囲が広いとは、驚きです!
また、淀川は明治18年に起こった枚方での大洪水をきっかけに淀川のルートを変える開削工事が行われ現在の淀川のルートになったそうです。

ちなみに、、守口市・大阪市でも川側にある市境が学校や住宅街を横断しているのは、そこが昔は淀川だった為です。昔の淀川はもっと蛇行しており、当時は淀川が市境になっていました。
また、淀川にはおよそ70種の魚が確認されていて、天然記念物の「イタセンパラ」も生息しているそうです。他にも、ウナギがいるそうです。

その後、私たち団員は淀川の河川敷へ行ってきました

淀川河川公園付近のわんどを見てきました。
170210淀川.jpg
やっぱり寒い・・・水鳥だけがいました。

中庭さんは八雲北町の河川敷へ行ってわんどを見てきました。
余談ですが、外島の河川敷を歩いていると淀川管理境界と書かれた標識を見つけました。

淀川管理境界.jpg
川ってそれぞれ市が管理しているのではないのですね!

次にスタジオゲストで
淀川河川レンジャーの出来(でき)さんをお招きして大内団長がお話を伺いました。
2月19日に「淀川京街道クリーン大作戦」が行われます。
自由に参加していただき淀川をきれいにしようという清掃活動です。
冬に行うのは、草木が枯れてゴミを発見しやすくなるため清掃にちょうど良い時期なのだとか。
また、淀川に住む生物のおよそ80%が外来種だそうで、ブルーギルやブラックバスなどが淀川でも発見されており駆除もされているそうです。

淀川京街道クリーン大作戦の詳細はこちら
日時・・・平成29年 2月 19日(火) 10:00〜11:30
雨天の場合は 平成29年2月26日(火)に延期
集合・・・ @枚方市樟葉 駅前広場
A枚方市枚方公園 枚方地区 第二駐車場
B寝屋川市点野砂州
C守口市河川公園庭窪レストセンター (庭窪)
D守口市河川公園守口サービスセンター(八雲)
持物・・・トング、ゴミ袋は主催者側で準備します
対象・・・一般(どなたでも参加できます)
申込・・・2月14日(火)までにメールまたはFAXにて申込
問合せ先
淀川管内河川レンジャー事務局 中央流域センター
TEL 072-861-6801、FAX 072-841-5663

HPはこちらですhttp://www.river-ranger.jp/beautification/pdf/bika5_kyoukaidou.pdf#search=%27%E6%B7%80%E5%B7%9D%E4%BA%AC%E8%A1%97%E9%81%93%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%A4%A7%E4%BD%9C%E6%88%A6%27

最後は新たなスタジオゲストに守口門真歴史街道推進協議会 加藤さんをお招きして大内団長がお話を伺いました。今年で401年目の守口宿。淀川の舟運を体験するイベントが行われるそうです。

私たちの生活には欠かせない水源となる川。
川の歴史はとっても奥深いし、淀川に住む生物たちを知ってみるのも面白そうです
posted by もりかど探偵団団員 at 17:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック