FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2017年05月26日

タバコに関する取り込みについて

今回はタバコについて色々とお話を伺いました。
僕自身、タバコを吸わないので、今回吸う方の気持ちや気苦労が色々聞けました。
日本全国は元より、守口市も「路上喫煙の防止について」チカラを入れています。
吸う人も吸わない人も気持ち良い社会になれば良いですね。

                ********************

かめっちこと亀田しょうこです

守口市では「路上喫煙の防止に関する条例」が施行されました。
そこで今回はタバコに関する取り組みについて様々方にお話を伺ってきました

収録では中庭さんが
守口市環境政策課 家村さん、田尻さんに「路上喫煙の防止に関する条例」についてインタビュー。
おおまかには、今後喫煙禁止エリアが定められ、そこで喫煙をした場合は注意喚起をするというものです。
市や町単位で路上喫煙を禁止する地域が増えてきてきていますが、守口市でも施行される形となりました。
ルールを守って喫煙されている方も多いかと思いますが、この取り組みが進めば綺麗な街を保てて受動喫煙をさらに減らせるきっかけになりますね。

続いて私が
門真市五月田町にある 門真市医師会 ふくいクリニックの福井先生に禁煙外来についてインタビューした収録をお聴きいただきました。

禁煙外来の治療は禁煙のための補助薬(飲み薬と貼り薬)を使うことでニコチン切れの離脱症状があらわれにくくなり、禁煙を続けやすくなるそうです。
禁煙治療は12週間が基本で、その間に5回受けることになります。
また、禁煙外来は一定の条件を満たせば健康保険健を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。
タバコが身体に与える害を考えると、タバコを吸っていて体調など気になるところがある方は禁煙外来などを利用して禁煙成功していただきたいですね

生中継では古川橋駅前と守口市駅前で街頭インタビューをしてきました
今回インタビューした50〜60代の男性は数十年前まではタバコを吸っていたけど禁煙してからはもう吸いたいとは思わないとおっしゃっていました。
周りが吸わなくなってきたから、喫煙できる場所が減ってきた、値上がりしたから・・・
などが理由でした。

今日はタバコがテーマでしたが最後のインタビューではその人の人生を振り返るかのような、なんだか感慨深いものがありました。
posted by もりかど探偵団団員 at 17:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450250587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック