FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2007年08月04日

探偵調査報告書 8/4

今回の調査テーマ:戦争体験を語り継ごう
         「戦争中に大人だった方の戦争体験」



団長スパイシーです。
今日は毎年この時期に恒例となりましたテーマ「戦争体験を語り継ごう」。
昨年の時もそうでしたが、実際に経験をされた方のお話というのは、本当に当時の様子を生々しいまでに伝わってきて、胸の奥が深くえぐられるような痛みを感じます。
…でもね、実際に体験された方、まして戦争でご家族や近しい人を亡くされた方はもっともっと辛い想いをされているわけですよね。

戦争から60年が過ぎた今、「しょうがない」という発言が物議をかもしたしたりしていますが、戦争の痛み・戦争は再び起こしてはいけないというメッセージを、今度は私たち「戦争を知らない」世代が語り継いでいかなければならないと思いました。

まいどexclamation×2にろんでおます犬

僕は実際に門真市シルバーの方々にお話し伺いましたが、テーマがテーマなんで話しが尽きませんでした。
でも実際体験されている方の話しとあって、その時の詳しい情報や、情景が浮かぶようでした。

戦争を体験していない僕たちにとって今回のお話しをどう受け止め、そして、これから若い世代にどう伝えていくか考えさせられますね。

他の国で今もなお争いが起こってますが・・・そこから何を学ぶか、どう行動するかもっともっと僕たちが考えていかないといけないですね。


カンちゃんですexclamation
今日は土居商店街やその付近で、皆さんにお話を伺いました。
公園では守口市在住の女性が、戦争体験を語ってくださいました。
空襲で仕事先や家を失って、終戦のラジオ放送は避難していた飛行機工場で聞いたそうです。
今は、8月15日にはお孫さんにご自分の戦争体験をお話されているそうです。
私も祖父や祖母に戦争の話をしてもらったことがあります。
戦争を知らない世代として、体験した方からしっかりと話を受け継がないといけないと思いました。


posted by もりかど探偵団団員 at 16:53| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 守口門真探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。戦争って誰が得するの?って質問しましたが、誰も得しないのなら、なぜ戦争するの?なぜ殺し合いをするの?武器を売って儲ける人達がいるんです。だから戦争をするんです。じゃないと戦争する意味ないじゃないですか。古い時代から人はあらゆる武器を使って闘い、勝っては食べ物を奪い、支配する土地を広げて来ました。やっぱし人がいなくならないと闘いはナクならないと思いました。
Posted by 松本陽海 at 2007年08月05日 14:30
私が生まれたのは、戦争が終わってかなり後のことなので、
戦争当時の様子は写真や話をお聞きするしか知ることができないですよね。
恐らくもう10年も経ってしまうと、
戦争体験を話してもらう方々もかなり少なくなってしまうのでしょうね。
戦争を体験された方々の貴重なお話を
録音とかビデオなどで残さないといけませんね。
Posted by takapon! at 2007年08月05日 23:48
書き込みいただき、有難うございますm(_ _)m

>松本陽海さま
「人がいなくならないと闘いはナクならない」・・・ド直球のお返事をさせて頂くと、その通りです。人類の歴史と科学の発展は、戦争で紡がれてると言っても過言ではありません。

でもね、だからといって諦めてはいけないと思います。
戦争をするのも人間ですが、戦争を食い止めようと努力できるのもまた人間です。

そんなのは理想論・キレイゴトと言ってしまえばそれでシマイですが、その理想を現実にするためには、「戦争は二度と起こしてはいけない」というメッセージを送り続けるしかないんだと思います。
それはごくごく小さな、すぐにでも踏み潰されそうな草の根運動かも知れません。

それでも発信することが大事なんだと、私は思います。

>takapon! さま
戦争体験を資料として残す・・・本当にそうでもしないといけない時代になってきてるのかもしれませんね。政治家さんの口から「しょうがない」なんて発言が出るくらいですからねぇ。

でもね、映像や録音の資料だと、「ああ、それって昔の資料でしょ?」で済まされかねないような気がするんです。
だからこそ、「口伝」で語り継ぐ事が大事なのかなと思います。
Posted by 団長です at 2007年08月07日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。