FM-HANAKO 82.4MHz 毎月第二・四・五週(金)午後3時35分〜4時50分(「プロムナード824」内)
再放送(土)午後10時〜 ・(日)午後11時〜
守口門真の謎・疑問・情報を探求するもりかど探偵団。
もりかど探偵団の番組とリンクするブログ。
依頼・ネタ募集と共に、皆様からの情報もお待ちしています。

番組では皆さんから情報や依頼をお待ちしています。 情報や依頼はコメントからお寄せください。

2017年01月13日

防災特集 個人でできる防災

今日は防災についてですが、守口市門真市消防組合消防本部 予防課の後藤さんに色々とお話を伺いました。
消火器のお話なんかは意外な内容もあったりして勉強になりました。
後藤さんのお話を聞いていると、今一度自分でできる災害対策の重要性を再確認しました。

亀田しょうこです❗

今日は防災がテーマです。
個人でできる防災、「自助」(自分の命は自分で助ける)にクローズアップして様々な対策について
お話を伺ってきました。

街頭インタビューでは、
自宅にはペットボトルに入った水が常時あるという方や、
阪神淡路大震災での自身の体験から、家具は突っ張り棒で固定したり、
非常持ち出し袋やコンロ、いくつかのビニール袋に小分けにしてお米を入れて用意している方など
色々なお話を聞くことができました。

収録では、
中庭さんが守口市門真市消防組合消防本部 予防課 後藤さんに
個人で出来る防火についてお話を伺いました。

私は、大阪国際大学 人間科学部 スポーツ行動学科 准教授の西岡ゆかり先生に
個人でできる防災対策についてお話を伺いました。

非常時に、水以外の飲料(ジュースやコーヒー)などが家にある場合、
砂糖入りのものばかりをずっと飲んでいると急性の糖尿病を患い重篤な症状が現れる場合があり、
実際に部活動中に清涼飲料水ばかりを飲み続けた生徒がそれを患った例があったそうで
非常時には水も交えながら、気をつけてもらいたい、との事でした。

また、非常時のお米の意外な調理法として
ビニールの袋に米と水入れて用意し、大きなビニール袋に水を張ってその中に米の入った袋やおかずの入った袋を入れて湯せんのような方法で炊飯や食材を温めることができるということも教えてもらいました。

また、非常時の食事は炭水化物に偏りがちなので、非常持ち出し袋の中に、ビタミン剤などを入れておくのもオススメとのことでした。

私自身も、個人でできることを考えていたのですが専門家の方の情報をキャッチするというのも
とても大切だと感じました。
自分の住む地域の市役所で防災マップをもらってきたのですが、
非常時に家族とどのように避難するか話し合っておこうと思います。

自分の命を自分で守ると、周りの人を助けられるようになるし
救助できる人が増えると、地域全体が防災に強くなると考えられるそうです。
ご家族に幼児やご年配の方がいる場合は、その方の対策もご一緒にしていただきたいと思います。
posted by もりかど探偵団団員 at 19:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

もうすぐ秋の防災特集

今回は大阪880万人訓練について大阪危機管理科の石本さんにお話を伺いました。
今年で5回目となる大阪880万人訓練。
9月5日11時に地震発生、そして11時3分に大津波が発生を想定して行われます。
みなさんも訓練前・当日・訓練後の行動確認など家族や身近な人と話し合って見てくださいね。

     ************

亀田しょうこです❗

スタジオ生ゲストに 大阪国際大学ブレッパーズ部の島岡さん、林さんにお越しいただき
大内団長がお話を伺いました。

防災に関する活動をされているクラブで、大阪国際大学で行われた「避難所体験イベント」の運営にも関わっておられます。

大阪国際大学のキャンパスが、地図上では守口市と門真市・寝屋川市の市境に位置していて、防災マップには市境の情報が少ないため自分たちでそのあたりの防災マップを作る試みも試案中なのだとか。
DSC_0274.jpg

収録では、
大阪880万人訓練について中庭さんが大阪府危機管理室 石本さんにお話を伺いました。
今年は9月5日(月)午前11時から実施されるとのことです。

私は守口、門真それぞれに街頭リポートへ行ってきました。
「仕事柄、何かあったときはお客様を誘導するために出勤時に朝礼で訓練を続けていて
プライベートでも自宅で防災対策を行っている」等とお話を伺いました。

また、「子供も含めた家族みんなで災害時はここに集合しよう、と話し合っています」などとみなさんの対策を教えてもらいました。

今回の探偵団を終えて、私もまた改めて自分の対策を見直そうと感じました。
家にある防災マップを家族みんなで見ながら災害時について話し合う必要がありますし、
どこに避難するか、道路の形状なども実際に見ながら歩いてみることも大事ですよね。
来月行われる880万人訓練が防災対策をするきっかけになって欲しいと思います。
posted by もりかど探偵団団員 at 18:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

東日本大震災から5年 被災地と守口・門真

あれから5年。
復興までの道のりは長く、大災害を前に自分の無力さを痛感しています。
今回色んな方のお話を聞き、当時の光景や感情が蘇ってきました。
そして、多くの方がまだまだ闘い続けている現実も感じました。
地震や災害はこれからもやってきます。
東日本大震災を教訓に、防災の意識をしっかりし、被災された方の一日でも早い平穏をお祈りしています。

   ***************

亀田しょうこです。
今日で、東日本大震災から5年が経ちました。

私は五月田自治会館にお邪魔して、
門真七中PTA会長のかわむらさんと、
五月田中央自治会長のさるわたりさんにお話を伺いました。

まずは昨年11月28日29日の2日間にわたって行われた
福島県生徒交流事業 発表会・講演会についてお話を伺いました。

福島県の生徒さんと、門真の生徒さん、そのご両親も一緒になって行われた交流事業です。
たこ焼き作りや、福島のりんごジュースなどをイベントで楽しんで、生徒同士で話しやすい環境を整えてから
グループ学習・発表会を行ったそうです。

グループ学習参加生徒の声のひとつに
「思い出すのも少し辛い記憶もありましたが、今まで自ら考えることを避けてしまっていた震災について、
改めて考える機会となりました。
震災について完璧に理解していないことに気づき、もっと福島について学び、多くの人々に伝えなければいけない、そう思いました。」
という感想文があり、かわむらさんはこの感想を見てこの交流会の意義を感じたそうです。

また、かわむらさん と さるわたりさんは
大阪府PTA協議会・東北訪問団として、また単独でも被災地へ訪問されたそうです。
駅前に放置された自転車が今も津波の被害にあった当時のままで残っていたり、
放射線量が高く、線量計を持って通ると値が振り切ってしまう一帯がまだまだ残っていたりと
被災地を目の当たりにされました。

また、被災された子どもたちとのお話の中で
原発事故の影響で、福島に対する差別が生まれてしまい「私結婚できるのかな」と中学生にしてその心配をしている女の子もいたそうです。
また、小学校の屋上に避難してヘリコプターで救助された子どもさんのうち、
その時に壊れた家屋やご遺体が濁流に流されていく様子を真近で見たことで
水洗便所で流れる水をみて思い出してしまう、という声も聞いたそうです。

そういった被災地訪問をふまえ、
五月田校区自治会では「実際に地震が起こったとして、この道が通れなくなった場合」まで
想定して非難訓練をされたそうです。そして各家庭全てに消火器を設置。
ご近所同士「向こう正面、両隣」を最小単位に、そこでの普段からのコミュニケーションを大切にされており、一人暮らしされているご年配の方の把握、その方との普段からのコミュニケーションなど
地域一帯となって、避難訓練の時だけでなく、普段のあいさつから、地域の催しを活発に行いコミュニケーションを取る機会を作るなど・・・
非常に重要なお手本というべき体制をとっておられます。

東日本大震災から5年。
もう5年という感覚と、まだ5年しか経っていないという感覚と様々な感情がみんなにあるのだと思います。
次のもしもに踏まえてこの経験を無駄にしない、この出来事を伝える、それも大切なことだと感じました。
posted by もりかど探偵団団員 at 19:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

2月4日 今日のもりかど探偵団

【ほっと一息、コーヒータイム〜コーヒーあれこれ〜

今日は立春。お外の気候も立春にふさわしいいいお天気晴れです。
正直なところ、もう少し寒い日を想定していたのですが・・・
で、ほっと温まるコーヒーをテーマにしたわけです。
でも、コーヒーは一年中楽しめるから、いいですよね喫茶店
というわけで、今日の探偵団はコーヒーについてあれこれ調査しましたドコモ提供

まずは、中庭リポーターと上林リポーターそれぞれが街頭インタビューカラオケ
街行く人たちに「コーヒー飲みますか?」とお伺いしました。
中には飲まないという人もいたようですが、飲まれる方は大体1〜2杯の方が多数いらっしゃいました。
中には、コーヒーは好きだけどカフェインは苦手という方もいらっしゃって、
最近はノンカフェインのコーヒーを飲んでいますとおっしゃっていました。
昔はそのようなものもなかったので、コーヒーを飲んで胃の調子が悪くなったら少しお休みして、
良くなったらまた飲むということをされていたそうです。
コーヒー、お好きなんですね〜

中庭リポーターは、京阪守口市駅前のテルプラザ1階にある、木乃家<ウッディーハウス>に行きましたダッシュ(走り出すさま)
こちらのお店ではたくさんのコーヒー豆が販売されています。
世界各国のコーヒー豆、しかも焙煎前の生の豆と焙煎後の豆とがありました。
また、豆の種類によって大きさや形状が違うだけでなく、焙煎方法もその豆にベストなものがあるそうです。
なかなか奥が深いですね〜
また、コーヒーの保存方法や自宅で楽しめるおいしいコーヒーの淹れ方などもお伺いしましたひらめき
保存は密閉容器で常温がいいそうです。
またおいしいコーヒーを淹れる第一のステップは豆を買うこと。そして自分で挽くことから。
ひと手間かけてコーヒーを淹れるとひと味もふた味も違いますよぴかぴか(新しい)

甘党の上林リポーター。やっぱりコーヒーはちょっぴり苦手ふらふらでも、甘いなら飲めるそうで、フレーバーコーヒーが好きらしい。
そんなカンちゃんが見つけてきたのが、大阪市旭区清水にあります、カフェ チャオッペ
「イタリア人はにが〜いエスプレッソを一日5〜6杯飲む」というのは本当なのかexclamation&question
それを確かめるためにイタリアへ行かれたという店長の諏訪さんにお話をお伺いしました。
日本でのエスプレッソはとっても濃くて苦いもの。そう思われている方は多いと思いますが、
実際行かれた、本場イタリアでのエスプレッソは・・・
砂糖を入れて飲むものひらめき
しかも結構多い目
イタリアではエスプレッソは「甘いもの」だそうですexclamation×2
これは知らなかった〜という方も多いのではexclamation&question

また諏訪さんはラテアートもされます喫茶店
ラテアートというのは、エスプレッソに泡立てた牛乳を加えたものであるカプチーノの表面に絵を描くことです。

 110204-6.jpg

右斜め上これはリーフ(葉)といって、牛乳を注ぐだけで描いたものです。
あっという間に出来上がりグッド(上向き矢印)
また楊枝などを使って描く方法もあるそうです。(カンちゃんのブログ参照)
いくつかのラテアートラテアートの大会にも出場されたことがあるそうです。

「コーヒーへのこだわりは、自分がもっていればいいもの。
お客さん一人一人が自分のスタイルでコーヒーを楽しんでもらえれば」
とおっしゃっていました。

また、カフェ チャオッペではコーヒーが苦手という方や小さなお子さんでも、ほっと一息できるように、紅茶やソフトドリンクも多数ご用意されています。
お客さんとのコミュニケーションを大切にされている諏訪店長のいるお店で、カフェタイムを楽しんではいかがでしょうかかわいい

 こんなのもありました!マロンチョコです★
  110204-7.jpg
posted by もりかど探偵団団員 at 18:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

1月21日 今日のもりかど探偵団

【 無駄遣いしていませんか?目指せ!貯蓄アップ 】

なかなか景気がよくならない今日この頃。
出費はどんどん増えるのに収入は減るばかり・・・というご家庭もあるかもしれませんね。
「今」ももちろんですが、「将来」のために今から貯蓄はしておきたいもの。
少しでも貯蓄をふやすポイントを調査しました。

まずは上林リポーターリボン
カンちゃんはララ橋波・西郷通り商店街で、主に家計を預かる主婦の皆さんにインタビューしました。
「貯蓄」につながることで市民の方が答えやすいこと・・・「節約してますかexclamation&question」ということを中心にお伺いしました。
小マメに電気を消す。コンセントから抜いて待機電力からカット。
冷蔵庫の中には詰め込みすぎないこと。
妥協することとしないことをきっちり決める。
などなど。主婦のみなさんは身近なことでコツコツと節約するように心がけていらっしゃるようです。

-------------------------------------------------------------------------

「貯蓄」する前にどれだけ貯蓄が出来るのか、毎月貯蓄に回せるお金はどれぐらいあるのかといったことを知ることが必要ですよね?
それらを把握する一助となっているのが、「家計簿」
この家計簿をオリジナルで作成し、出版された方がいらっしゃいました目
中庭リポーターは守口市にお住まいの、川東順子さんにインタビューしましたカラオケ
ご結婚されてから30年。ずっと家計簿をつけられてきたそうです。
はじめは市販の家計簿を使っていたそうですが、どうも自分には合わない。
○○の項目は自分には必要ないけど、必要な□□の項目が書かれていない!
というように、自分が一番納得できる家計簿にめぐり合えなかったそうです。
そうしていくうちに、結局は罫線だけの大学ノートにオリジナルの家計簿を作っていったそうです。
そして、今まで積み重ねたこの家計簿を形として残したいという思いが強くなり、自費出版にいたったそうです。

出来上がった家計簿はいたってシンプル。
透明の袋のファイルになっていて、そこに2冊のノートが入っています。
その2冊のノートは毎日書き込むものと年間のものに分かれています。
また、中身も必要最低限のことしか書かれていなくて、自分が必要だと思うことを自由に書き込むことができるようになっています。
これは、一度家計簿をつけたことがある人にとっては便利だと感じられるのではないでしょうか?
人によって内訳のカテゴリー分けは違ってきます。それをオリジナルで作れるのですひらめき
そして川東さんは、ぜひ年間の家計簿をつけてみてくださいとおっしゃっていました。
季節によって必要なものなどもわかりますし、何より1年を通してどれぐらいのお金を遣っているのかが一目瞭然です目
また、「それが家族の歴史にもなるんです」とおっしゃっていましたぴかぴか(新しい)

   11012102.jpg 

----------------------------------------------------------------------------

そして収録モノで、大槻団長がお金の管理のプロ、ファイナンシャルプランナー(FP)の前野彩さんにお話をお伺いしましたかわいい
FPとは簡単に言うとお金の計画をする人。お金が貯まらない・・・とか、どの保険に入ればいいの?
とか、住宅ローンってもっといい方法があるんじゃ・・・など、お金に関することはなかなか自分で調べるのは大変なこと。そんなときにお手伝いしてくださるのがFPなんです。
「貯蓄」ってなんのために?と聞かれると、「?」が浮かぶ人も多いのでは?
そんなときは逆算してみましょう。
例えば、5年後が車の変え時かな?というのがあれば、5年後には○円ぐらいが必要だ。
なら、今から少しずつ貯めていきましょう。

その考え方でやりくりするのが、貯蓄体質の家計だと前野さんはおっしゃいます。
●毎月何のために遣うお金をどんなふうに積み立てていくか。
●講座引き落としを効率よく使う。
この2点でお金が貯まりやすい家計を作っていけるということでした。
目的意識をしっかりして、必ず支払わなければいけないものは知らず知らずのうちに払っている(講座引き落とし)というのがポイント。
まずは大きな筋道を立てることが大切ですひらめき
家計の管理は毎日のこと。だからこそ「楽」でないと続きません。
最初の手続きはちょっとがんばらないといけないかもしれませんが、一度作ってしまえばその流れで貯蓄体質の家計ができるわけです。
世代によっても貯め方などはかわってきますが、無理は禁物。
貯められない時期ももちろんありますので、それはあきらめて、ストレスにならないようにしましょう。
家計のやりくりに悩んでいる方はぜひとも一度お金の流れなどを熟知しているプロの方に相談してみましょうexclamation×2

前野彩さんはとてもわかりやすい素敵なHPも解説されています。
検索エンジンなどでも「前野彩」「FP彩ちゃん」で検索するとすぐに出てきますのでぜひご参考になさってくださいわーい(嬉しい顔)
posted by もりかど探偵団団員 at 18:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

1月7日 今日のもりかど探偵団

【 もりかど新成人事情 】
来週月曜日は成人の日です。
その日を前に実際に新成人の方へインタビューしたり、街のご意見を集めたり、美容室・貸衣装の方にお話をお伺いしました。

まずは、中庭リポーターが街頭インタビューカラオケ
お二人の女性にお話を聞くことができました。
2歳の女の子のお母さんは、成人式の思い出を語ってくださいました。
当時はあまりお化粧をすることはなかったので、美容院でいいように塗りたくられて友達に笑われたことと、着物の帯が苦しかったことをお話くださいました。
お嬢さんが成人するのは18年後。手に職を付けて、心の優しい、美しい大人になってほしいとおっしゃっていました黒ハート
もう一方の女性は昭和30年代に成人式を迎えられたとのこと。
当時と今との違いをお話くださいましたが、今は豊かな時代で親や周りの大人たちに大切にされすぎて少々自立心がたりないのではとのちょっぴり辛口のご意見。でも確かにその通りかもしれません。
ご自身のことを振り返ると視野が狭くまだまだ子供だったとのことでしたが、全体的に地に足が着いた感じだったとお話くださいました。


その後、今回の主役となる新成人の方々、5人の皆さんがHANAKOのスタジオに来てくださいましたグッド(上向き矢印)
守口市在住の東浦美緒さん、井本明日香さん、守口市出身で今は神戸在住の前地拓さん、門真市に在住の太田菜月さん、そして豊中市在住で大阪国際大学(守口市藤田町)の寺尾優志さん。

11010703.jpg

現在、大学生の方、短大生の方、専門学校生の方、仕事をされている方と多種多様でした。
全員が成人式を楽しみにしていて、一つの大きな節目と考えられている方が多かったです。
そして、これからの人生をしっかり考えていらっしゃる方がほとんどでした。
将来やりたいことをすでに決めてそれに向かってがんばっているという方やまだ模索中という方もいました。
しかし、その模索中の方もしっかり先を見据えて自分はどうしたいのかということを一生懸命考えている印象を受けました。


最後は上林リポーター。
成人式には欠かせない美容院に行きました。
行った先は守口市寺方元町にある「サロン・ド・みゆき」さんへ。
こちらはヘアメイクはもちろん、貸衣装もやっておられます。
ここ数年の流行は紫・黒・赤などはっきりした色で大柄のものだそうです。
そして、着物生地そのものに金糸や銀糸が織り込まれているのが特徴だそうぴかぴか(新しい)
華やかなものが人気のようですね。
しかし、注意したいのは、流行に左右されずに自分の背丈に合った着物を選ぶこと。
帯の結び方も背丈によって変えるそうです。
またメイクも洋服のときとは少し違います。
全体的にやさしい印象になるのが好ましいようです。
着物も、メイクも、やはりプロのご意見をいただくのがいいようですねexclamation
また、着物を着たときのマナーなどもお伺いしました。

詳しくはカンちゃんが書いたブログをご覧くださいわーい(嬉しい顔)写真もありますよカメラ
posted by もりかど探偵団団員 at 18:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

12月17日 今日のもりかど探偵団

 【 ありがとうの気持ち 地域通貨『蓮』 】

今日のもりかど探偵団は、11月1日に発行されたばかりの門真市の地域通貨『蓮』について特集しましたひらめき

ところで、地域通貨ってどんなものかご存知でしょうか?
これは、ある特定地域(今回の場合は門真市内)に限り流通するお金のこと。

中庭リポーターはこの「蓮」を発行された、特定非営利活動(NPO)法人あいまち門真ステーションの理事長:木村さんと東田さんにお話をお伺いしました。

発行された目的は@「地域活動の活性化」A「地域経済の活性化」
@では、ボランティア活動などのお礼として使って地域活動の活性化
Aでは、門真市内の商店で使っていただき地産地消で地域経済を活性化

では具体的に使うにはどうすればよいのか。
手助けやボランティアを受けたときに、何かお礼をしたいけど、(渡す側も、受け取る側も)お金はちょっと・・・となる場面がありますよね?
そんな時の謝礼として「蓮」をお使いくださいexclamation×2
また、イベントの謝礼や体育祭の商品としてもお使いいただけます。

では、「蓮」はどうやって手に入れるのでしょう??
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
発行元のあいまち門真ステーションで手に入れることができます。
100蓮=100円/500蓮=500円で交換できます。
使えるのは門真市内の商店など加盟会員店に限られますが、
使っていただける方は市内・市外、年齢も関係なくどなたでもOKひらめき
また、蓮を購入すると「利用会員」として登録されます。
そしてボランティアや手助け活動をしていただける団体は事前に「活動会員」登録していただきます。手助けがほしいけど、誰に頼めばいいのかわからない、という方はあいまち門真ステーションにご相談いただければ、ご紹介していただけます。
謝礼などで蓮を受け取ったら、門真市内の加盟会員の店でお金と同様にお使いいただけます。
但し、おつりは出ませんふらふら
例えば450円の品物を蓮で買う場合は、5100蓮×4枚+現金50円でお支払いください。

今回は「蓮」を早速お使いいただいている門真市民のイナバさんにもご出演いただきました。
イナバさんは介護をされていて、今までたくさんの方に手助けしてもらったそうです。
「何かお礼をしたい」とずっと思っていたけれど、手ごろなものが見つからずにいたところ、
この「蓮」が発行されると聞いて、発行されると同時に手に入れられたそうです。
今では、手助けしてくださった方も快く受け取ってくださっているそうです。

あいまち門真ステーションでは、この蓮の流通がもっと活発になるように出張説明会などもされているとのことです。
そして、「蓮」のキャラクター「蓮ちゃん」も誕生しましたひらめき
蓮の花の中にいる、8歳の女の子だそうですかわいい

 ===================================

上林リポーターはまずは古川橋駅周辺で街頭インタビューカラオケ
「地域通貨『蓮』を知っていますか?」「蓮ちゃんって知ってますか?」
など、道行く人に聞いてもらいました。
残念ながら、街頭インタビューでは蓮を使ったことがあるという人は見つからず、知っているという人にも出会えることはできませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
駅前で他市の方も多く、それに寒いこともあり、みなさん足早で、出会えなかったのも仕方ありませんね。。。

その後は、少し場所を移動して末広町にあるお惣菜屋さん、「惣菜 菜月」さんへ右斜め上

  10121702.jpg

こちらは、蓮を使うことができる「加盟会員の店」
加盟会員のお店には店頭や店内にステッカーが貼られています左斜め下

  10121701.jpg
   真ん中の緑色のポスターがそれです

店長の石井さんは、蓮が出るのを心待ちにされていたそうです。やっと発行されたか〜というような感想を抱かれていらっしゃいました。
実際に使われている方は?との質問には、一般市民の方では残念ながらまだいらっしゃいませんでした。
ただ、門真市役所の職員のみなさんは結構使われているそうで、お弁当の配達に行ったときなど、蓮でお支払いいただくこともあるそうです。
まだ始まったばかりですが、早くもっともっと多くの市民の皆さんに、この地域通貨「蓮」が浸透してほしいとおっしゃっていましたわーい(嬉しい顔)
posted by もりかど探偵団団員 at 18:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

12月3日 今日のもりかど探偵団

 【もっともっと、河内れんこん!!】

門真といえば・・・蓮根exclamation×2と連想する方は非常に多いのではないでしょうか?
ちょうど今がシーズンでもある、門真が誇る河内レンコン。
もっともっと、詳しくなろうということで、探偵団メンバーが調査に出かけました右斜め上

まずは、河内れんこんそのものから徹底的に調査です目
上林リポーターが蓮根畑へ。中西農園の中西正憲さんにお話をお伺いしましたカラオケ

今がシーズン真っ只中ということで、収穫などに大忙しのところ、快く取材にお答えくださいましたかわいい
河内れんこんは、鉄分が非常に多く、特に炊いたときには非常にもちもちとした食感。
お芋のようにホクホクしているのが特徴です。
そして、大きさは長いものでは2m、重さは3kg近くになるそうです目
最盛期だった昭和30年ごろには200ヘクタールあった蓮畑は今は40分の1ぐらいになっているそうですもうやだ〜(悲しい顔)
それだけ貴重なれんこんだということがよくわかります。
食感や味の良さから、高級食材ともいわれています。
年に1回は門真市内の小中学校の給食にもてんぷらにして出されるそうです。

中西さんは実は「れんこん屋」という、れんこん料理専門店も経営されていますひらめき
お料理のメニューはもちろんれんこん、れんこんるんるん
今回は、れんこんの煮物と蓮根(はすね)もちをご用意してくださいましたぴかぴか(新しい)
カンちゃん、大喜びですハートたち(複数ハート)

また、れんこんに関連したイベントとして、「春日若宮おん祭 河内蓮根奉納行列」というものがあります。今年で5回目。
ちょうど放送日の翌日、12月4日に行われるそうです。
今から140年前、河内蓮根を奈良方面に出荷する道中で山賊に奪われることが頻繁に起こったそうです。
それをどうにか防ぐことはできないかと村人が考えたことが、奈良の春日大社にれんこんと石灯籠を寄進して、御用提灯を授かるということ。
村人たちからお金を集め、春日大社に寄進されたそうです。
それ以後、道中襲われるということはなくなり、河内れんこんの販路の拡大につながったということです。
その民話がきっかけとなり、2006年から毎年この時期に昔のようにれんこんを春日大社に奉納する行事が行われています。
今年は奈良までのおよそ28kmを駅伝方式で走って行くそうですくつ
明日、無事に到着されることを祈っていますぴかぴか(新しい)


そして、中庭リポーターはといいますと、「飲むレンコン」を求めて調査に出ましたダッシュ(走り出すさま)
行き着いた先は、門真市宮野町の木村酒類販売株式会社。代表取締役の木村茂さんにお話をお伺いしました。
ここで紹介していただいたのは、れんこんが原料となって作られた焼酎、『蓮の宴(はちすのあかり)
門真を明るく元気にするために「門真の自慢作り」をしようということで始まった企画。昨年、初めて商品化されました。
商農工が連携し、構想から1年ぐらいで商品化までに至りました。
味は、原酒のままで味わってもらいたいという願いから、アルコール度数38度ですが、飲み口はかなりすっきりしているけれど、飲みごたえのしっかりある焼酎だそうです。
容器にもこだわりがあり、「門真の自慢」の一つでもあるPanasonicの裸電球の形をしています。
この蓮の宴に門真が凝縮されているわけです。
企画・製造過程では、すべてが楽しかったとおっしゃる木村さん。「苦労」と感じたことはないそうです。原料となるれんこん・焼酎・容器・パッケージ(箱)・印刷などすべてが門真の企業のみなさんの協力があってこそできたもの。
みなさんの門真愛がたっぷり詰まっています。
この焼酎は年間300本しか製造されません。
それを出来るだけ多くの門真の皆さんに飲んでいただきたいということで、この焼酎は門真市内の飲食店にしか置いていません。(飲めるお店はこちら→ http://blog.livedoor.jp/hachisunoakari/
それらのお店に行っていただいてぜひ飲んでみてくださいバー

最後に中庭リポーターが行ってくれたのは、その蓮の宴を実際においている飲食店。
門真市野里町にある炭火焼鳥「信玄」の今蔵さん。
この蓮の宴はお店側から薦めるというわけではなく、店内の目に付くところに貼られているポスターを見て、興味を持たれた方に河内れんこんのお話を添えてお出しするというようにされています。
この焼酎からお客さんとの会話を楽しまれているそうです。
飲まれたお客さんは原酒なのにすっきりして飲みやすく、おいしいというご意見が多いとのこと。
今蔵さんご自身もれんこんの収穫の時期から携わっていらっしゃって、商品に対する思いも一入です。
もちろん、焼き鳥にもばっちり合いますよひらめき

それ以外に、門真れんこん発掘隊という若者が中心となってやっている団体もあり、
河内れんこんを軸に、門真のみなさんが協力しあって地域を盛り上げようとされていることがとてもよくわかりましたかわいい
posted by もりかど探偵団団員 at 15:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

11月19日 今日のもりかど探偵団

【 もりかどの文才の持ち主をさがせ! 】

「文才」とは文学的才能のこと。
守口・門真にも実は多くの文才の持ち主がいるのではないか!?
ということで、探偵団メンバーが調査しました。

まずは、先日、11月7日に守口文化センターエナジーホールで開催された中学生スピーチコンテストについて。
スピーチをするにはもちろん文章が必要です。中学生の皆さんが感じていることを作文に書き、それを多くの人の前で発表しました。
今日はその審査員でいらっしゃった守口市大久保中学校の長池校長先生にお電話でそのときの様子をお伺いしました。
毎年のことながら、立派な文章が多く出揃っていたそうで、今年の特徴としては、
命の重みについて書かれたものや、両親が国際結婚で2カ国の視点から書かれたものがあったということでした。

中にはもっと推敲を重ねればさらにすばらしい作品になったであろうものもあったそうですが、
ハッと驚かされるものや、改めて気づかされたり、考えさせられたものも数多くあったとのことです。
今の中学生がどんなことを思い、考えているのかを知る機会にもなるので、もっと多くの一般の方にもぜひ聞きに来てほしいとおっしゃっていました。


そして、二人のリポーターは街に出て文才の持ち主を探してくれました。

まずは上林リポーター。
主にエッセイを書かれている柳田清子さんにお話をお伺いしました。
子供の頃から作文が好きだったという柳田さん。
お仕事を辞められた15年ほど前から文章教室に通われるようになったそうです。
そこで文章の作法などを学ばれました。
いくつか教室も変わられましたが、今も通われているそうです。
エッセイの多くは家族を題材にしたものだそうで、その中でもご主人との思い出をつづられたものが
1割を占めているそうです。

ご主人は2年ほど前にお亡くなりになったそうで、あと半年長く生きられていれば二人そろって金婚式を迎えられたとのことでした。
金婚式は一緒に迎えられなかったけど、長年連れ添ったご主人に対する感謝状として書かれたエッセイ
「幻の金婚式」(朗読したものをオンエアしました)
は涙をそそるものでした。
今後は、エッセイと共に小説にも力を入れていきたいとおっしゃっていましたぴかぴか(新しい)

そして中庭リポーターは主にシナリオと歌詞を書かれている山田文春さんにお話をお伺いしました。
山田さんは「1時間もの」「2時間もの」のドラマを想定したオリジナルのシナリオを書かれているそうです。
中には「連続ドラマ」もありました目
ご自分が体験してきた戦争のことをシナリオにされたり、
また、歌詞については、守口のゆとり道を散歩した時、仕事の関係で遠方に行った時、
その景色を見て感じたことが言葉となって沸いてきたものを書きとめたものが多いそうです。
以前にはシナリオの勉強のために教室に通われていたこともあるとのこと。
また、守口市の公民館で行われていた文章を書いて批評しあうサークルにも入られていたそうです。
最近は奥様の体調があまり良くないそうで、執筆はお休みされているそうですが、
若い頃から書いてこられたこと、また落ち着いたら再び書いていただきたいと思います。


posted by もりかど探偵団団員 at 18:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

10月15日 今日のもりかど探偵団

【もりかどの新名物!?】

先月、23日(木・祝)に守口門真スイーツ選手権が行われましたが、そこでもりかどの新名物が誕生しましたひらめき

まずは主催の守口門真青年会議所の山口さんにスタジオにお越しいただき、お話をお伺いしました。
守口・門真の誇れる名物になるものを、自らが選ぶというこの選手権。
守口・門真の和・洋菓子、10店舗が参加し、今回の選手権のために作ったお菓子や、お店での自慢の一品を出品されました。
それぞれを市民の皆さんに試食してもらい、金賞・銀賞・審査員特別賞が選ばれました。

当日はスタートした直後から雨が降り、大変あせあせ(飛び散る汗)
山口さんは同時に行われたシンポジウムのこともあり、走り回っている状況だったそうですが、
500食あった試食は11時にスタートし、12時半ごろにはすっかり売り切れ状態。
雨が降っている中でも大盛況でした。

そして、今回の選手権で入賞したスイーツは・・・団員のリポーターが調査してくれました右斜め上

まずは、上林リポーターリボン
《銀賞》に輝いたスイーツとそのお店にお邪魔させていただきました。
お店は、守口市紅屋町のパティスリービスキュイ・ルレさん。京阪滝井駅のすぐ目の前、黄色いテントが目印ひらめき
こちらのスフレチーズロールケーキが入賞しました。
お答えくださったのは、オーナーパティシエの西出康二さん。
店名の「ビスキュイ・ルレ」はフランス語でロールケーキの生地の意味だそうで、
様々な種類のカットケーキやシュークリームもありますが、ロールケーキの種類がたくさんありますexclamation×2
スフレチーズロールは以前からある商品ですが、たくさんある商品の中でもこちらを今回の選手権に出品された理由は、
オープンは3年半前だそうですが、その当時、お店としてプッシュする商品を考えるときに一番苦労されたものだそうです。
生地にチーズが練りこまれたもので、けっこうあっさりしています。チーズ嫌いの方でも召し上がっていただけるものです。
商品を考えるときに目指されたのは、小さいお子さんからお年寄りの方まで幅広い年齢の方々に召し上がっていただけるということ。
そして、生地は「ふわっ」と、そして「しっとり」をこれでもかこれでもかというぐらいに追求されたそうです。
2〜3ヶ月はこの商品の考案にかかったそうです。
真ん中のクリームはコクがあるけど軽めの生クリームを使用されています。

スイーツ選手権当日は会場には行けなかったそうです。
《銀賞》の報告が届いたときは驚きで「銀賞って、何番??」という感じだったそうですが、やっぱりうれしさがこみ上げてこられたということです。
また、ご用意された試食品がすべてなくなった、少なくとも500人の方々に召し上がっていただけたことが何よりうれしいとおっしゃっていました。

       − − − − − − − − − − − − − −
中庭リポーターは《審査員特別賞》を調査手(グー)
こちらは、門真市常盤町にある御菓子處 絹笠(おかしどころ きぬがさ)さん。和菓子で、こちらの定番商品である「蓮花(れんか)」が賞に輝きましたぴかぴか(新しい)
お話をお伺いしたのは、製造部 部長の前野欣司さん。
形は門真の名産であるレンコンをかたどったもので、中は黄身餡で、生地にはコラーゲンが練りこまれています右斜め上
なかなか珍しい和菓子です。
6年ぐらい前にできたお菓子だそうですが、その当時にコラーゲンが入った和菓子は相当珍しかったのではないでしょうか?
ただ、このコラーゲンを入れる分量を決定するのが非常に難しく、アイデアが持ち上がってから、商品化にいたるまで、実に1年ほどかかったそうです目
こちらの商品も定番商品ですが、発案されるときに「何か門真のお土産になるような商品」を作りたいということだったので、今回のスイーツ選手権の主旨と合致していたこともあり、蓮花を出品されたそうです。
コラーゲンと聞くと女性に人気があるのは想像がつきますが、女性はもちろん、男性にも大変人気があるそうですトイレ
「蓮花」は和菓子組合などでもいくつか賞を受賞されているそうですが、また一つ勲章が増えたと、前野さんも非常に喜んでおられました。

          - - - - - - - - - − - - - -

そして見事、《金賞》を受賞されたのは、守口 ロイヤルパインズホテル ペストリーショップ「ラ・モーラ」さんの「ショコラフランボワーズ」
ペストリーシェフ パティシエの宇佐美智康さんと守口ロイヤルパインズホテル マーケティング課の一色 薫さんにスタジオにお越しいただきました。
スタジオに商品もお持ちくださいました。

 10101503.jpg 10101504.jpg

こちらの商品は今回の選手権のために考案されたスイーツだそうです。
宇佐美さんお一人で考えられたそうですが、こちらは3週間ほどで完成されました。
宇佐美さんがお好きなチョコとフランボワーズの組み合わせがお好きだそうで、構想はすぐに出来上がったそうです。
生地の中にはフランボワーズジャムと細かく刻んだくるみが練りこまれています。
またケーキ表面のチョコレートガナッシュにはレンコンの焼酎が入っているそうで、その分量の調整が難しかったそうです。
結構濃厚なチョコレートケーキです。
やはり、ホテルのケーキということで、見た目も高級感が溢れていますぴかぴか(新しい)

23日当日はお二人とも会場に行かれたそうです。雨の中でも多くの方が傘を差して試食し、「おいしい」の声がたくさん上がっていたとのこと。
若干のお酒が入っているけれど、お子さんにも喜んでもらえてよかったとおっしゃっていました。
また、《金賞》を受賞されたときは「まさかexclamation&question」というご感想を持たれたそうです。
15年パティシエを続けてこられてこのような賞に輝かれたことは初めてだそうで、とてもお喜びになられていました。

ちなみに、秋の限定スイーツ「栗のロールケーキ」もお持ちくださいました。
黄栗と渋皮のついた栗とが入っていて、表面には焼き栗のペーストが使用されています。
さらには黒蜜が入った餡も入っています。
栗好きにはたまらない一品。
黄色と茶色と白で、見ても楽しむことのできる一品ですぴかぴか(新しい)

宇佐美さんは、箱を開けたときに驚きと喜びのあるケーキ作りをこれからも作っていきたいとおっしゃっていましたハートたち(複数ハート)

================================================

今回受賞されたそれぞれのスイーツは現在それぞれの店頭に並んでいます。
定番商品はもちろん販売されていますが、今回のために作られた《金賞》の「ショコラフランボワーズ」は3ヶ月間は販売されていて、売れ行き次第で定番商品にもなるかも・・・ということでした。
これらが、今後市民の皆さんからどんどん波紋が広がるように各地のみなさんに広まって、
名実ともに守口・門真の名物スイーツになってほしいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by もりかど探偵団団員 at 18:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

9月17日 今日のもりかど探偵団

【 もりかどの民謡!? 】

民謡は地域性の強い、古くから伝承されてきた歌ですが、
守口や門真にもありましたexclamation

守口市は大久保・藤田地域。こちらには比較的新しいものですが、「大久保音頭」というものがありましたひらめき
まずは上林リポーターがこの音頭に振りをつけられたという方にインタビューしました。

この大久保音頭は20年ほど前にとある民家から発見されたカセットテープに吹き込まれていました。
ピアノ伴奏と女性のヴォーカルでシンプルなものです。
歌詞には「藤田」や「大久保」、「淀の流れ」「小泉弥次衛門」など、この地域のことをよくあらわす言葉がたくさん入っています。
3番まで歌詞はありました。

それが、どういう経緯か定かではありませんが、民踊の先生の手元に届き、振り付けをすることになったのです。
お話をお伺いしたのは守口日本民踊研究会の中山秋子先生。
中山先生が民踊の基礎的な動きをもとに考えられました。
先生が振り付けされたのはテープが発見されてほどなくしてから。
その後、各地域の祭り(盆踊り)などで踊られていたそうです。

そして今から13年前。
大久保小学校の当時3年生担当の先生と校長先生らがこの大久保音頭を運動会の演技種目に取り入れたらどうかということになり、
その年以来、毎年3年生の演技の一つとして踊られています。
毎年、キラキラのテープを腕に巻いたり、手作りの法被を着たりと趣向を変えて見る人たちも楽しませてくれています。

中山先生と、助手の瀧井美恵子さんは毎年9月前半に小学校に教えに行くそうで、
3年生のみなさんが一生懸命覚えようとする姿はとてもほほえましいとおっしゃっていました。


門真市の民謡を調べてくれたのは中庭リポーター。
こちらは「ひんや節」といいます。
ひんや節保存会の藤岡正会長にお話をお伺いしました。

ひんや節は明治初期に寺のお堂を再建する際に披露した歌や踊りで、いただいた浄財をお堂の再建費として進納したそうです。
踊りの種類には花笠・バチ・手踊り・扇などで、三味線や尺八、太鼓、そして歌もあり、総勢30名ほどで構成されてます。
また「ひんや」というのは「ええ日や」という意味だそうです。

このひんや節は門真市の三ツ島地域を中心に踊られていたそうですが、大正時代ごろまででそれ以降はあまり踊られなくなったそうです。
しかし、昭和6年にお堂再建50周年記念法要の際に、一時的に復活しました。
ただ、またその後引き継ぐ人が途絶えてしいました。

そして、昭和40年中頃に再び復活します。
ほとんどの人々がこのひんや節を忘れてしまった中で、少しの手がかりをかき集めてひんや節を復活させたそうです。
藤岡さんはその発起人といってもいい方。藤岡さんはひんや節の中でも特に「歌」を後継されています。
今は保存会のメンバーも揃って文化祭などで披露できるぐらいになっています。
ただ、藤岡さんはもっと若い人たちにこのひんや節を知ってもらい、引き継いでほしいとおっしゃっていました。
今度こそ、途絶えることのないように私たちも守っていかなければいけませんね。

100919_1.jpg


最後は大久保小学校でただいま運動会で披露する大久保音頭練習中の3年生、5人に事前にインタビューしたものをお届けしました。
今年は9月6日に中山先生と瀧井さんが学校に来られて、体育の時間を使って教えてくださいました。
ほとんどが地域のふれあいまつりでこの音頭のことは知っていました。
振り付けは初めて教えてもらった子供たちが多くて、はじめは難しかったけど家でも練習してもう覚えました!と話してくれましたわーい(嬉しい顔)
1週間ほどでしっかり覚えていたようです。
そしてみんな本番もがんばるとしっかり答えてくれましたぴかぴか(新しい)

=============================================================================

今回特集したのは2曲だけでしたが、もしかしたらもっと他の地域でもその地域だけの曲があるかもしれませんね。
うちの地域にこんな歌があるよ〜というのがありましたらぜひお知らせくださいexclamation×2
また、いつかの機会に取り上げたいと思います。

このように、地域に伝わるものはこれからもずーっと大事に守っていきたいですね。

posted by もりかど探偵団団員 at 16:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

9月3日のもりかど探偵団

9月1日は「防災の日」であり、その日を含む1週間は「防災週間」です。
そこで、9月3日のもりかど探偵団は防災、その中でも「火災」に特化してお届けしました。

 【 防災特集 火災に備える 】

火災防止について、市民の皆さんはどのような対策を行なっているのでしょう?
林リポーターが京阪古川橋駅前で街頭インタビューを行ないました。

何人かの主婦の方にお伺いすることができましたが、みなさん揃っておっしゃるのは、
「消火器を設置しています」とのこと。
他には、「お風呂にお水を汲んでます」「ガスの元栓を切ります」など、
基本的なことですがみなさんきちんと心がけていらっしゃるようでした。

また、移動途中の門真市駅前で出会った下校途中の小学生のみなさんは、
学校での避難訓練で「ハンカチで口を押さえる!」と元気いっぱい答えてくれました。


庭リポーターは守口市門真市消防組合消防本部に行き、火災全般の話をお伺いしました。
お答えくださったのは、予防課の埴田さん。
守口・門真管内で平成21年中の火災発生数は106件。
これは、3.4日に1件発生している計算になります。けっこう多いですね。
また、火事でいちばん恐ろしいのが「煙」。
司会が遮られ、普段とは違う火災の恐怖も重なり、精神的なパニックを起こす危険性があります。
できる限り煙を吸い込まないようにすることが重要です。
また、通報する時は落ち着いていただくことも重要です。
今回、119番のかけ方についても改めて確認しました。

その他、消火器の取り扱いや住宅用火災警報器の設置に関することもお話いただきました。


最後は再び林リポーター。
場所を移動して、今度は地域防災に視点を置いて、「消防団」について調査しました。
お話をお伺いしたのは、門真市消防団長の樋口さん。
消防団は、お仕事を持っておられて、火災が起こった時には消防活動を行なうというもの。
入団する時点で18〜45歳の方が対象です。
門真市消防団は定数247人に対して現在238名。また、女性はそのうち11名いらっしゃいます。
そして門真市全域には20分隊あるそうです。それを4つのグループ(方面)に分かれています。
実際火災が起こった時は、消防署から団長や方面隊に連絡が届き、そこからさらに分隊に連絡が回るそうです。
そうして、いち早く消火活動に当たって下さっています。

また、その消火活動を円滑に進めるために普段から訓練をされています。
みなさん昼間はお仕事を持たれている方がほとんどですので、大体は夜や土・日などに設定されています。
私たちの街を守るためにこうして日々訓練をされています。とても心強いですね。
また、こうした訓練の成果を競う大会もあるとのこと。
門真市消防団は、大阪の大会で優勝されたこともあります!!

また、門真市の女性の消防団員については防火・啓発を主な仕事とされています。
各家庭を訪問して防火診断などを行なったり、街角でのキャンペーン活動を行なわれています。


このように消防署・消防団が日々訓練を重ね、街を守ってくださっているんですね。
でも、それらに頼るのは、まずは自分自身でしっかり防災をしてから。
一人一人が火災を起こさないように、火の元の確認や、消火器の使い方を知っておくことが重要です。
自分たちの街は、自分たちで守っていきましょう手(グー)



posted by もりかど探偵団団員 at 12:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

8月6日 今日のもりかど探偵団

【 暑さに負けない!充実した夏を過ごすヒント 】

「どうしたら少しでも涼しく過ごせるのか・・・・」

ではなくて、

今回は、暑さに負けてダラ〜っとするのではなく、一歩足を踏み出して、
イベントや講座に参加し、有意義な夏を過ごしましょうグッド(上向き矢印)
という内容でお届けしましたドコモポイント
皆さんが少しでも思い出に残る夏を過ごしていただけるように、
そのヒントになりそうなことを紹介いたしました。


林リポーターは、門真市からの中継でしたカラオケ
まず行った先は、門真市立文化会館。
こちらでは、今日の午後、小学生対象の夏休み子ども理科教室が開催されていました。

  10080601.jpg 

午後2時からスタートした教室だったので、中継が入った時点はすでに実験などは終了し、感想を書いている段階でした。

どんな内容だったということは、講師の○○さんにお伺いしました。
全部で3種類の実験を行ったそうですが、それぞれ、
ガス、ドライアイス、まつぼっくり
を使った実験でした。
なかなか面白そうな実験で、インタビューした子どもたちもそれぞれにお気に入りの実験が見つかってとても楽しかったと話してくれましたかわいい


お次は庭リポーターカラオケ
守口市の教育委員会に行って、何か参加できるようなイベントはないかと調査してくれました。
ありました、ありましたひらめき
8月24日に行われるのは、中学生対象の「英会話を楽しもう」
8月24日〜26日に行われるのは、小学生対象の「英語であそぼう」
講師はカナダやオーストラリアから来日されたAET(英語アシスタントの先生)です。
英語に慣れ親しんでもらえるような工夫満載で毎年参加されているリピーターのお子さんも多いそうです。
今年はどんな内容になるのでしょうかexclamation&question参加される方はぜひ楽しんでくださいねexclamation×2


槻団長からは、その他守口市・門真市各地で8月中に開催される催しを紹介しました。
それぞれの7月・8月の広報紙からピックアップしました。
公民館や市の施設などでまだまだたくさん参加できるイベントがあります。
ぜひ広報で日時や定員などもご確認のうえ、ご参加くださいわーい(嬉しい顔)


最後は、再び林リポーターカラオケ
場所を移動して、今度はこれから参加可能な講座を紹介してくれました。
お話をお伺いしたのは、(門真)市民プロデュースAAOの方々。
8月21日と22日の2日間にわたって開催される体験ワークショップ
「Kadoma Art Show Case 2010」
門真市立文化会館では2日間、門真市民交流会館中塚荘では22日のみ、様々な講座が行われる予定となっていて、小学5年生以上の方ならどなたでもご参加いただけますひらめき(講座によっては女性限定のものもあります)
どんな講座かといいますと、「パントマイム」や「ベリーダンス」「朗読劇」や「アフレコ」などexclamation×2
あまり身近には体験できないような講座が並んでいます目
芸術を体験したい、学びたい・・・と思ってもなかなかどうすればいいのか分からないという方は多いと思います。
そんな方にはピッタリのこの講座。少しでも興味があればこのチャンスを逃してはもったいないがく〜(落胆した顔)
ぜひとも気になる講座に参加してみてくださいドコモ提供


・・・というわけで、梅雨が明けてから猛暑が続いておりますが、守口・門真市内でもこんなに楽しめる講座があります。
実際参加した子どもたちも楽しそうでしたわーい(嬉しい顔)(理科教室)
ついついダラダラしてしまう・・・というあなたexclamation×2
これからでも遅くありません、暑さに負けずに充実した夏をお過ごし下さいるんるん
posted by もりかど探偵団団員 at 18:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

7月16日☆今日のもりかど探偵団

テーマは、

  【がんばれ!ティーンエイジャー☆】

今回のもりかど探偵団では、青春真っ只中の夢や目標に向ってがんばっている10代のみなさんを応援しましたモータースポーツ

ずカンちゃんこと上林リポーターが応援に行ったのは、
大阪国際滝井高校のフェンシング部ひらめき

もともとヨーロッパのスポーツで、日本でも一般的に知られるようになったのはごく最近のこと。
前回の夏季オリンピックで太田選手が銀メダルを獲ってフェンシングの注目度がアップしたことは記憶に新しいのではないでしょうかexclamation&question

そんなどちらかというと馴染みの薄いフェンシングをやっている高校生がすぐ近くにいるのです裂
現在の部員数は3年生が3人、1年生が5人の8人で構成されています。
入ったきっかけは・・・
●お母さん(リボンの騎士に憧れていた)に勧められた
●テレビでみてカッコいいと思ったから

普段は週に4回ほど、体育館で練習をされているそうです。
スクワットから始まって、フェンシングの基礎の動きの練習、
そして剣を持って突く練習、体力づくりのための筋力トレーニングなどをするそうです。

試合は、大阪府のインターハイ予選は参加人数が少なく思いの他こじんまりとしているそうで、
1試合ずつ行われ緊張した空気が張り詰めているそうですがく〜(落胆した顔)
また、試合中には応援の掛け声に励まされたり、逆に圧倒されたりするそうです。

また、3年生の部長:滝本さんは何と、今年のインターハイに出場することが決まり、応援の家族も揃って沖縄まで行かれるそうですリゾート
滝本さんの目標でもあったインターハイ、これまでの練習の成果を発揮していただきたいですねわーい(嬉しい顔)

そして今後の目標。
1年生にもしっかり練習をがんばってもらって、ぜひとも2年連続インターハイ出場を目指してほしい
ということでした。
ぜひ、1年生の皆さんも先輩の意志をついで日々の練習をがんばっいただきたいですパンチ


は、スタジオにやってきてくれたティーンエイジャーです。
門真市にお住まいの橋本寛さん(15歳)
橋本さんは5歳の頃から囲碁を始めて、いま現在プロを目指していらっしゃいますひらめき
5歳の頃にお父さんから囲碁を教えてもらい、保育園の頃から囲碁教室に行っていたそうです。
囲碁教室に行く時に乗っていく電車が好きで通っていたというエピソードも話してくれましたドコモ提供
電車に乗りたかっただけということで囲碁はあまり真剣にしていなかったそうで、そのせいか、同じ頃から始めた人たちにどんどん追い抜かれていったそうですふらふら
「これではいけないexclamation」と思い直し、囲碁にも真剣に取り組むようになったそうです。
それが小学生の頃exclamation×2
そして中学生になってだんだん囲碁そのものを楽しめるようになったそうです。

しかし、目の前には落とし穴があったそうです。
初めての全国大会。予選通過は自信があったそうですが、残念ながら予選落ちしてしまったそうですバッド(下向き矢印)
「全国にはこんなに強い人がいるんだ」「全国は広い」
と、うぬぼれていた自分にも腹が立ち、もっとがんばらないといけないと思ったそうです。
ご自分では謙遜されていましたが、なかなかしっかりした15歳ですひらめき

今はプロの一歩手前の院生というポジションにいるそうで、
規定の成績(12勝4敗)を収めるとプロになれるそうです。
できれば今年中には・・・と言いたいところだけど、来年ぐらいにはプロになる予定だとお話ししてくださいました。
1日5時間でも少ないという練習をしている橋本さん。
ぜひともプロになって、また探偵団に出演していただきたいですぴかぴか(新しい)


後は中庭リポーター
大阪電気通信大学高等学校のかるた道同好会にお邪魔しました。
百人一首を使った競技かるたに打ち込んでいらっしゃる高校生のみなさんにお話をお伺いしました。
部員は7人いるんですが、全員が1年生。
ほとんどが顧問の先生に勧められて入ったということですが、
中には興味もあって、しかもお姉さんがやっていたというメンバーも。
実際やっていくうちに面白くなってきたそうです。
まだ高校生になって数ヶ月しか経っていなくて、全員がほぼ初心者。
まずは百人一首、100枚の和歌を全て覚えるところから。
なかなか苦戦したようですが、特別来ていただいた先生のサポートもあり、何とか覚えてだんだん楽しくなってきたところだそうです。

実はこのかるた道同好会のみなさんは、今月24日に滋賀県で行われる、
全国大会の団体戦に出場されるのですexclamation×2
そのため特別にお招きしたという先生が、なんと日本にたった3人しかいないという、
かるた道十段の山下義先生exclamation×2exclamation×2exclamation×2
スゴイ先生が教えてくださっています・・・
大阪の代表として恥ずかしくないように、まずは礼儀・マナーから教えられたそうです。
そして、100枚の覚え方。覚え方のコツを伝授されました。
生徒の皆さんに、自分との戦いと苦しみを乗り越えて、
礼儀を忘れず目標を持ってそれに向ってがんばってほしいと熱いエールを送られました。
そして顧問の木佐貫先生からも、生徒の成長ぶりを称えられていました。

全国大会を前にあまり緊張はされていない様子の部員のみなさんでしたが、
1枚でも多く札が取れるようにがんばりますと意気込みを伝えてくれました手(グー)

===================================================================

今回ピックアップしたのは、フェンシング・囲碁・かるた(百人一首)といった、どちらかというとマイナーなもの。今日お話をお伺いした10代の皆さんは、真剣に取り組んでいらっしゃいます。それぞれの持っている目標をぜひ達成して、また探偵団に登場していただきたいです黒ハート

もちろん、今日ピックアップした以外のことに真剣に取り組んでいる10代のみなさんもたくさんいらっしゃいます。
今後また機会があればピックアップしていきたいとおもいます。
もし情報をお持ちの方はいつでもFM−HANAKOもりかど探偵団までご連絡くださいねドコモポイント
posted by もりかど探偵団団員 at 20:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

7月2日 今日のもりかど探偵団

 【 手づくり作家(デコレーション篇) 】

守口・門真にもたくさん手づくり作家さんがいらっしゃいます。
みなさん素晴らしい技術をお持ちです。また、手づくりだから温かみが感じられます。
今回はその中でも、「デコレーション」というくくりでお二人を取材させていただきました。

カンちゃんこと上林リポーターは夢工房ソーイング&ステンシルにお邪魔し、こちらの先生でいらっしゃる田中マチ子さんにお話しをお伺いしました。
デコレーションということでステンシルアートについてお伺いしました。
田中さんがされているのはファブリックステンシルというもので、
布に型抜きを使って絵を描いていくものです。

 10070209.jpg

インタビューしながらも田中さんはTシャツにバラの絵を描いて下さいました。
お好みの絵をかたどった透明のフィルムを、描きたい部分に置いて、堅めの刷毛でトントンと叩くように好みの色を入れていきます。
色は、アクリル絵の具を使ってのせていきます。
これはお洗濯しても大丈夫。ちゃんと仕上げにアイロンで熱処理をすることによって洗濯機でも色落ちすることなく洗えるそうです。

型を組み合わせると、デザインは無限大。色も重ねてより立体的に。
世界に一つだけのオリジナル作品の出来上がりですぴかぴか(新しい)
先生でも全く同じものはできないそうです。

田中さんはもともと友禅染めをされていたそうですが、友禅は多くても年に2作品が限界だそうです。
そんな時、もっと手軽にできるステンシルアートと出会われたそうです。

絵が描けなくても大丈夫わーい(嬉しい顔)市販の型もありますので〜
さらにファブリックステンシルのメリットは、シミなどができたときはその上からステンシルをしていけば、シミは消え、また新たなものとして着用することがでいます。

服だけではなく、他にこんなものにも描けます。

 10070208.jpg
   左斜め上日傘です

お子さんでも、男性でも大丈夫手(チョキ)
みなさん、楽しんで、思い思いの絵を描かれるそうです。

この日、教室にお越しくださった生徒さんは3年ぐらい続けていらっしゃるそうですが、簡単だけど、どんどんやっていくうちにこだわりが出てきて難しくなってくるとおっしゃっていました。
それは上達してきた証ですよね。


次は中庭リポーター。
スウィーツ万華鏡作家のKarin(かりん)さんにお話をお伺いしました。
スウィーツの形をした万華鏡です。スウィーツはいろいろな種類があり、カップケーキやパフェ、ロールケーキ、クッキーなど。
本物のようでとってもおいしそうハートたち(複数ハート)
あま〜い香りも漂ってきます。が、残念ながら食べられませんふらふら
ですが、それぞれのスウィーツには覗き穴があり、それを覗くと・・・
なんと、万華鏡なんですexclamation×2

作り始められたのは3年ほど前。
ある万華鏡を覗いてみたら、それは中がオイルで動くもので、昔見たものとは違い感動され、ご自分でもオリジナルの万華鏡を作ってみようと、独学で作り始めたそうです。

多くは覗いた向こう側の景色が鏡の反射によって万華鏡独特の広がりを見せてくれるものになっていますが、
中には、「中まで甘い万華鏡」と題されたものもあります。
その万華鏡は外見はスウィーツ。中を覗くと、その中にもなんと小さなかわいらしいドーナツが見えるとういうもの。
その発想がすばらしいひらめき

昔、明治時代に万華鏡の模様で同じ模様が出てくる確率を調べた人がいるそうです目
その研究によると、20個のビーズを入れた万華鏡で、次に同じ模様が見られるのは、

ななななんと、4628億8089万9576年後

だそうですexclamation×2exclamation×2exclamation×2
私たちが見た万華鏡の模様はホントに一期一会のものだったんですね〜

そして今回は、中庭リポーターも手づくり体験をさせていただくことが出来ました。
トライしたのは万華鏡はちょっと難しいので、デコレーション部分でもあるスウィーツを作らせていただきました。
作ったのはマカロン(洋風のカラフルな最中を想像してくださいドコモ提供)の形をしたストラップです。

樹脂粘土に色を入れて、マカロンの型に入れます。
そして中に入れるホイップも本物のようexclamation
ここにスウィーツのあま〜い香りをつけます。バニラ・チョコ・イチゴの香りの中から選びますが、中庭君は、迷いながらもチョコをチョイスグッド(上向き矢印)
最中のように中にはホイップを入れてサンドします。
そして、あとはビーズなどでさらにデコレーションリボン
お好みのデコができたら、出来上がりですぴかぴか(新しい)

10070205.jpg 

Karin先生のお手伝いもあって、なかなかうまく出来ましたグッド(上向き矢印)
中庭君も想像以上に楽しかったということでご機嫌でしたわーい(嬉しい顔)
(ちなみに奥に映っているカップケーキなどが万華鏡なんですexclamation&question

スウィーツの万華鏡で賞も受賞され、地元で子供たち向けの教室を開いたり、
さらに横浜のほうまで出品したりと活動の幅をどんどん広げられています。
今後作ってみたいものは?という質問にKarinさんは、
巻き寿司の形をした万華鏡を作りたいとおっしゃってくださいましたドコモポイント
今後、どんな作品が生まれるのかとっても楽しみですねプレゼント







 
posted by もりかど探偵団団員 at 18:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

6月18日 今日のもりかど探偵団

【食べることは生きること
  
         「食育」について考えよう!】


ここ数年特に注目されている、食育。
なぜそれほどまでに注目されているのでしょうか?

「食育」についてあまりじっくり考えたことのなかったリポーターの二人ですが、しっかりリポートしてくれました。

庭浩史リポーターは、まずは古川橋駅前で街頭インタビューカラオケ
お子さん連れのお母さんお二人と小学5年生の元気な子どもたちにお話をお伺いすることができました。
お子さんを持つお母さんはやはり「食育」については関心が高い様子。
「食育」と改めて考えなくても「食べること」については色々工夫をされているようでした。
お一人は、お子さんがアレルギーを持たれているそうで、食事には気を遣っておられるそうで、食の指導を受けながら徐々に牛乳なども飲めるようにしていっているということでした。
そうか、最近はアレルギー体質のお子さんも多いんだ・・・
食べ物の知識は本当に必要だな・・・
団長始め探偵団メンバーがしみじみ感じていました。

中庭リポーターは門真市保健福祉センターにも行ってくれました。
こちらでは、管理栄養士の宇都さんと保健士の村下さんにお話をお伺いしました。
門真市では平成19年11月〜平成20年10月までの期間、3歳6ヶ月児健診時に「食育の関心度」についてアンケート調査をされました。その結果について教えていただきました。

いくつかあるアンケート項目の中からピックアップしてご紹介くださいました。
少し前のアンケートにはなりますが、「食育」への関心度合いは非常に高い結果が出ました。
他の質問内容は以下のようなものでした。
●朝ごはんは食べていますか
●1日何皿野菜料理を食べていますか
●夜は何時に寝て、朝は何時に起きていますか
など。
子供をもつ母親として大槻団長も一緒に答えながらお話を聞きましたが、
野菜料理、理想は1日5皿にはびっくり。
なかなか難しいですが、少しでもそれに近づけるようにがんばりましょうパンチ

林美香リポーターはといいますと、守口市の広報紙から情報を得て、守口市立大久保小学校へダッシュ(走り出すさま)

広報もりぐち5月号の10面に掲載されていましたが、梶中学校と並んで大久保小学校は平成21年度 府優秀教職員(団体の部)で表彰されましたぴかぴか(新しい)
大久保小学校は様々なことに取り組み、学力向上に成果をあげたことが評価されましたが、その中に食生活の充実に向けた食指導も含まれています。

ご対応くださったのは森校長先生と栄養教諭の上田先生。
学校ではやはり朝ごはんを食べずに学校にくる子供がいるそうで、
まずは生徒のみなさんには一日の活力になる朝ごはんを食べるように指導されています。
また、事前に生徒たちにアンケートをとって、生活習慣(食生活)を調査し、
それを基に実験的に食指導を行っておられます。
普段飲んでいるジュースにはどれだけの砂糖が使われているのかを
実物を使って生徒の皆さんに教えたりされているそうです。
また、普段の給食時間も立派な食育の時間。
食器の並べ方や、いわゆる「三角食べ」の指導などもされているそうです。

さらに地域の方のご協力で、田植体験なども実施されているそうです。
始めは田んぼに入ることを嫌がっていた生徒たちも、
思い切ってやってみると楽しくてなかなか終わらなかったそうですドコモ提供
また田植の大変さも分かったようで、地域の方に「おっちゃん、大変やなぁ」って、
労いの言葉も出てきたそうです。
自分たちで田植をして、食べ物のありがたさを実感したようでした。

地域との交流という点では「地域共催イベント2010」が7月10日(日)に大阪国際大学キャンパスで行われます。
〜考えよう「私たちのえ〜ことライフ」〜とサブタイトルにあり、
参加する大久保小学校6年生は
「元気がわくわく朝ごはん」と題したポスターセッション・クイズを行うそうです。
また、その他にもミニコンサートやクッキングコーナーも予定されています。
それぞれのコーナーによって時間はまちまちですが、
午前10:30から午後にかけて色々と行われます。ぜひお越し下さいかわいい

==============================================================

戦後、日本の食生活は瞬く間に豊かになり、非常に便利な世の中になっていきました。
しかし、その豊かさ・便利さゆえに、みるみるうちに日本人の食生活のバランスが崩れていきました。
また、食の安全・安心といった面においても「食」に関する知識が求められる世の中になっています。

私たち一人一人が「食」について考え、判断する力をつけるためにも
「食育」は非常に大切なものとなっています。
みなさんも少しご自分の食生活を見直してみませんか?
posted by もりかど探偵団団員 at 18:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

6月4日 今日のもりかど探偵団

【6月4日は虫歯予防デー

      お口のトラブル、ありませんか?】


歯は人間にとってとっても大切なものです。
生きていくためには食べていかなければなりません。
食べるにはしっかり噛んで食べるために歯が必要です。
しっかり噛むことは丈夫な歯を作り、脳の発達も促します。
おじいちゃん、おばあちゃんになっても自分の歯を保っていけるよう、しっかり予防していきましょう。

というわけで、まずは街の声を聞いてみることにしました。
古川橋駅で街頭インタビューをしてくれたのは中庭浩史リポーター。
4歳のお子さんとお母さん。毎日しっかり歯磨きしているとのこと。
でも何か悩みや聞きたい事はありませんかとお聞きしたところ、
4歳のお子さんは歯磨きの時に歯磨き粉まで飲んじゃう・・・しかも大人用の歯磨き粉で目
これは身体に影響はないものかexclamation&question・・・気になります。

また元気な中学生のみなさんにも遭遇わーい(嬉しい顔)
「虫歯はありませんexclamation」と頼もしい答えが返ってきました右斜め上
でもやはり虫歯はありますと答えてくれた男の子もいました。
歯磨きをするのがたまに抜けることがあって、だから虫歯になりましたと・・・やはり歯磨きは大切だという認識がしっかり根付いているようですexclamation

最後に出会った2歳のお子さんとお母さん。
お子さんには虫歯はないそうで、お母さんにしてもらう歯磨きも好きだそうです。
お友だちの中にはけっこう虫歯になっている子もいるそうですが、
今のところ虫歯はないそうです。
しこれからも歯を大切にしてくださいねかわいい


さて、お次は上林美香リポーター。
やはり専門家に色々聞いてみたい手(パー)ということで、
門真市宮野町にある小児歯科スマイルプラザの副島先生にお話をお伺いしましたカラオケ

まずは基本的なことから。そもそも虫歯ってどうしてできるのかexclamation&question
それは簡単に言うと歯にバイキンがくっついて歯を溶かし、歯に穴があいてしまうこと
一番の予防方法は、やはり歯を磨くことぴかぴか(新しい)
そして、それと同時に歯の質を強くすることパンチ
歯は、子どもの歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)がありますが、
まず子どもの歯がつくられるのはお母さんのお腹の中にいる頃で、
大人の歯はオギャーと生まれた頃からだそうです目ひらめき
だから、その頃のお母さんの体調や生活が密接に関係してくるそうですexclamation×2
そんなに早い時期から作られているなんて驚きです目
そして、乳歯の下には永久歯があるわけで、80年ほどお付き合いする永久歯をしっかり守るためにも乳歯は大切にしなければならないということでした。
そのためにはやはり歯磨き。食後に毎回やるのは理想的ですが、最も重要なのは夜寝る前。
これは小さい頃から身につけてください。
お子さんの歯磨きは、お母さんの仕上げ磨き、歯が磨けているかのチェックもしてあげてください。
チェックは高校生ぐらいまでしてあげることが理想的だそうですexclamation×2
これはちょっとびっくり・・・なかなかこれは難しそうですが・・・
歯の大切さを理解し、お子さんにも協力してもらってくださいねドコモ提供
その他にもたくさん為になるお話をお聞かせくださいました。

後半はこちらのスマイルプラザに中庭リポーターも合流。
街中で聞いた疑問を先生に聞いてみました。

「歯磨き粉は飲み込んでも大丈夫なんですか?」

お答えは、できれば飲み込まないほうがいいでしょうとのこと。
飲んだら害があるということではないですが、元々食べ物ではないので、飲まないほうがいいということでした。

そして、大槻直美団長からもお子さんの歯などに関する質問もありました。
団長も今まで気になっていたことだけに、先生にお答えをいただき、スッキリ晴れたようでしたドコモポイント

途中で団長からの調査報告がありましたが、8020運動について。
これは、80歳において20本以上の(自分の)歯を保つことを目標に、歯や歯ぐきの健康づくりを進める運動です。
守口市では平成14年より8020達成者の表彰式を開催しており、
今年で9回目となります。
1回目から8回目まで毎年表彰されている方は3名いらっしゃいます。
9月に表彰が行われますが、さて、今年は何名の方が表彰されるでしょう?

ぜひみなさんも8020達成者になれるよう、若いうちから歯を大切にしてくださいねハート
posted by もりかど探偵団団員 at 18:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

5月14日今日のもりかど探偵団

【 5月16日は「旅の日」守口・門真で旅気分! 】

5月も半ばなのに、また気温が低くなっていますねぇ・・・
みなさん、体調はくずされていませんか?

さて、今日は地元で旅気分ということでしたが、
旅のことならまずはココに聞こう!ということで、
まずは中庭リポーター。旅行会社にお話をお伺いしました。

守口市寺内町にある、トラベルジャパンの中前みどりさんにお話をお伺いしました。
海外旅行で人気があるのは中国と韓国。
中国は万博も開催中ですし、行かれる方は多いそうです。
韓国は数年前に起こった韓流ブーム。現在も人気は衰えません。
そしていきなり出てきましたexclamation中国語exclamation×2一気に中国気分ですぴかぴか(新しい)
中前さんは学生の頃から中国のことを学ばれていて、通訳もできるほどでいらっしゃいます。
中国にも何度も行ってらっしゃって、印象としては、自転車とバイクが多く、人口は日本の比じゃないほど多いとのことでした。
また、お料理はどこへ行ってもおいしいともドコモポイント
そして旅行会社だけあって、他にも多くの国にいってらっしゃいます。
根強い人気とおっしゃるのはヨーロッパ。中でもスイスはオススメだそうです。
最近はツアーに付加価値をつけることが多く、スイスなどはハイキングが盛り込まれたりするそうです。
国内では近くの奈良。今年は平城遷都1300年でちょっとおでかけという方は多いそうです。
また、少し足を延ばして沖縄も。夏はやはり沖縄は大人気だそうです。

トラベルジャパンでは電車の切符から劇場のチケット、国内・国外の旅行や出張などもご相談内容に合わせて手配してくださいます。
たくさんのことをご存知の中前さんにお話をお伺いするのもとても楽しそうですよわーい(嬉しい顔)

次に中庭リポーターがお伺いしたのは土居駅前通商店街にある守口友好市場グッド(上向き矢印)
こちらは、守口市の友好都市である和歌山県かつらぎ町をはじめとする地域との交流事業として3年前にできたそうです。
コンセプトとしては都市にある物産販売所ということで、産直の商品を取り揃えられています。
和歌山からの清見オレンジ。
試食もしたリポーターの感想は・・・やわらかくてとろける甘さだったそうです揺れるハート
その他にも和歌山から産地直送のお野菜類も豊富にあります。
また、沖縄の久米島産のモズクや海ぶどうもありますリゾート

10051404.jpg

そして、今日は店頭で鹿児島の徳之島物産の黒糖が販売されていました猫
今日、店頭で販売されていた方も徳之島出身の方で、地元にいながら別の地域の雰囲気と地域の味そのものも味わえましたわーい(嬉しい顔)
_______________________________________________________________

お次はカンちゃんこと上林リポーターですグッド(上向き矢印)
まずは、八島の交差点からの街頭インタビューカラオケ
ちょうど学校の下校時間にあたり、元気な小中学生がインタビューに答えてくれましたexclamation
最近(GWや春休み)どこかへお出かけしましたかexclamation&questionとの質問には、とてもしっかりした小学5年生の男の子3人。
一人は香川県に讃岐うどんを食べに行き、金毘羅さんへも行ったそうです。
また一人は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ
そしてまた一人は、京都へ。
そして、カンちゃんと目目が合った女子中学生は、
有馬温泉と東北地方へ行ったそうです。
みなさん、色々お出かけされていた様子でしたかわいい

そして次に行ったところは一気に海外のタイ気分を味わえるところへ飛行機
場所を少し移動して京阪北本通にあるタイ料理のお店「マニータイ」です。
玄関では合掌したタイの女性をかたどったオブジェが出迎えてくれます。
お話してくださったのは、川上パナヌットさん。娘んのマニーちゃんと一緒にご出演いただきました。
娘さんのお名前にもなっている店名の「マニー」はタイ語で「宝石」という意味だそうです。
タイ料理といって想像するのは、「辛い」「すっぱい」ですが、そこに「甘い」も加わります。
辛いのが苦手なカンちゃんでも食べられるものは色々ありそうです。
人気があるのはカレー類。タイのカレーはスープのようなもので、グリーンカレー、レッドカレー、イエローカレー、シーフードカレーなどがあり、中でもワタリガニのカレーが人気だそうです。
マニーちゃんのお気に入りは「ポッピアクン」という料理で、エビの揚げ春巻です。プリプリのエビとパリっとした春巻の衣がとっても美味しいと教えてくれましたわーい(嬉しい顔)
またビールのアテには最適の「ネーム」というもの。これはすっぱ辛いソーセージだそうですexclamation
デザートも豊富に取り揃えられています。どのスウィーツも食べた〜いハートたち(複数ハート)

また、メニュー表と一緒にタイ語をちょっぴり学べることができます。絵と文字で分かりやすく書かれていますので、あなたもぜひタイ語に挑戦してみてください手(グー)

こちらのマニータイでは本格的な本場のタイ料理が味わえます。
コース料理もありますよわーい(嬉しい顔)
ぜひ、地元でタイ気分を味わってみてはいかがですかexclamation&question
posted by もりかど探偵団団員 at 18:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

4月16日 今日のもりかど探偵団

【ものづくりの街 守口・門真の底力!】

守口市・門真市は多くの中小企業が支えているといっても過言ではありません。
今回は、今まで培ってきた技術を生かして新たな挑戦に挑んだ企業の方に直接お話をお伺いしました。

上林リポーターは最近非常に注目を浴びている守口市八雲にある、淀川製作所へ。代表取締役の小倉庸敬(おぐらのぶゆき)さんにお話をお伺いしました。
淀川製作所は、開発屋さん。わかりやすく言うと、板金屋さんと鉄工所がひっついて新しいものを考えている会社です。
携帯電話の部品から新幹線や医療機器にわたるまで、あらゆる分野にわたって幅広く作っていらっしゃいます。
そんな淀川製作所の小倉さん。ここ最近の不況で元気のない世の中。何とか関西から明るい日本を誇れるようなものをつくろうじゃないか手(グー)という思いから、「あっぱれ!EVプロジェクト」を立ち上げられました。
EVというのはElectric Vehicle。つまり電気自動車のことです。
昨年の6月にこのプロジェクトを立ち上げられ、今年3月末に完成しました。無の状態から始められたにも関わらず、すごいスピードですsoon
完成したEVの名前は「Meguru(メグル)」これは環境の「環」という字が由来です。環境にやさしく、そして様々なところに巡っていってほしいという想いが込められています。
このプロジェクトは小倉さんを始め、関西の中小企業などが協力して進められたものですが、特にこだわったのは「MADE IN 日本」。
日本的なデザインに非常にこだわっていらっしゃいます。そしてこのデザインに関しては女性インテリアデザイナーの方が手がけられました。
床は竹。ハンドルは藤。ドアの部分は大きな扇子のように開閉できる番傘。運転手+2名乗車できますが、後部座席は英国家具を思わせるような花柄のソファ。
そして外装は日本の鳥居などに使われる朱色の漆塗り。そしてよく見ると、「環」をイメージさせる渦巻状の模様がほどこされています。

小倉さんを始めとする町工場のみなさんの熱くて優しい想いがこのMeguruにたくさん詰まっています。
一人一人の力は小さくても、みんなが集まれば大きな力になり、必ずやればできる、夢は叶えられる。そう信じて出来上がりました。
関西、この守口から明るい話題と元気を全国に届けられるように、このMeguruの発展を見守っていきましょう。

  10040505.jpg

--------------------------------------------------------------

中庭リポーターは守口八雲東町にある、川口自動車工業株式会社にお邪魔しました。
代表取締役の川口晃信さん。とってもパワーの溢れる方でした手(グー)
こちらは社名にもあるように車関係の会社。主に車の改造を専門にされています。その傍ら、自社製品の開発も行われていらっしゃいます。
その自社製品というのが、川口さんの発明品exclamation×2
様々なアイデアをお持ちなのですが、ほとんどは身内の方やお客様からの声で、人の役に立つものを製作されています。

例えば、車に取り付ける電光表示板。
車の後ろや前につけているとそこに文字が出てくるそうです。その文字もLEDで出てきます。
道路で割り込みをさせてもらったときなどに後ろのドライバーにたいして「ありがとう」や「すみません」「感謝します」などを表示します。
車は話しませんので、文字で持って後ろの方に感謝する。
また、「介護乗降中」のような文字を表示知ることによって周囲に知らせる役割なども担っています、
非常に他人にやさしいものですよねわーい(嬉しい顔)

他にもたくさんありますが、特に今回紹介していただいたのは、「アースリング」
これは、義理のお父様が行方不明になったことがきっかけで出来上がったものです。
これはつまり指輪です。正式名称は、「万一の時の緊急介護補助連絡用指輪リング アースリング」
このリングには名前や住所、連絡先、血液型など個人情報が書かれたものをリングに附属のシールや紙に書いて指輪と一体にしておきます。
持病をお持ちの方やご高齢者の方が行方不明になったとき、万が一の時・・・この指輪に個人情報が書かれていれば近親の方への連絡もスムーズにいきます。
まずはこのアースリングを知ってもらうと。これが何より重要です。もし、倒れられている方を発見したとき、このリングをはめていてそこには情報があるということを知っていれば、命を救うことに少しでもつながっていくことでしょう。

川口さんがおっしゃったのは、やはり「完成させるんだ」という思いを強く持つこと。
そして、人に喜んでもらおうという気持ちをいつも持っていらっしゃるということ。
ユーモアもあり、お話も楽しそうにしてくださる川口さん。声だけでもとってもパワーが溢れてらっしゃるように感じました。

--------------------------------------------------------------


今回、ピックアップした2つの企業。どちらの社長も熱い思いを持って街をよくしていこう、人に喜んでもらおうという気持ちであふれています。
まだまだ、守口・門真にもこんな熱い思いの人たちがたくさんいらっしゃることでしょう。
もっともっと、この地元から明るい話題を発信できたらいいですねぴかぴか(新しい)
posted by もりかど探偵団団員 at 19:04| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

4月2日 今日のもりかど探偵団

【もりかど さくら まつり】

4月の最初のもりかど探偵団は「桜」 関連の特集ですかわいい
年々開花が早くなって、特に今年はずいぶん早かったのでもしかしたら4月2日は散っているかも・・・がく〜(落胆した顔)
なんて心配していましたが、開花してからまたしばらく寒くなったおかげで、ちょうど八分咲き〜満開で最高にいいタイミングとなりましたわーい(嬉しい顔)
午前中は雨の予報で自転車で各地を移動するリポーターにとってはそっちのほうが気になっていましたが、メンバーでしっかりお祈りしたおかげでドコモ提供午前中の早い段階で雨も上がりましたひらめき
少し風もあって寒かったようですが、今年度も変らずこの二人がリポートに出かけてくれました手(グー)

まずは、ンちゃんこと上林美香リポーターカラオケ
小・中・高など、各学校には必ずといっていいほど桜の木がありますが、その中でも門真西高等学校へ行ってくれました。
学校の敷地内に桜のトンネルがあるとかexclamation&question何と素敵なんでしょうハートたち(複数ハート)

  10040201.jpg

そこで毎年、学校の教員と生徒とPTAが協力して「桜まつり」が行われています。今年は明日(4月3日)に開催される予定です。
桜の下でお抹茶やぜんざいなどが振舞われますドコモポイント
今年は餅つきが予定されていて、そのお餅はぜんざいときなこ餅に。
桜を愛でながらつきたてのお餅をいただけるなんて、最高ですよね〜
あと、ステージも用意されていて三味線の演奏なども行われる予定です。

門真西高校 桜まつり
  4月3日(土) 午前10時〜午後3時
  通用門の桜並木で行われます
  車での来場、飲酒・喫煙はご遠慮ください

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そしてその後場所を移動して桜の木がある菊水通にある細長〜い遊園へ右斜め上
こちらの桜も八分咲きぐらい。中には桜が咲いていない老木もあったようですが、今までしっかりがんばってきてくれたんだねって優しい気持ちになれます。
住宅地の中にある公園なので、地域の皆さんのお散歩スポットにもなっています。
番組中にもワンちゃんのお散歩をされている方がいらっしゃいました。
菜の花の黄色と桜のピンクのコントラストが春らしさを醸し出しています。

  10040203.jpg

===============================================================

もう一人は中庭浩史リポーターカラオケ
団員として丸一年が経ちました。今日はその原点から再出発ですグッド(上向き矢印)
守口市の庭窪浄水場前の桜並木からスタートです。ちょうど一年前、最初のリポートもココからでした。
今年もほぼ満開の桜並木が中庭君の背中を押してくれました手(グー)

  10040204.jpg

次に移動してきたところは、芦間高校の周辺です。
こちらは桃町緑道が有名ですね。もちろんこちらもいい具合で咲いていますかわいい
阪神高速道路の高架下にもきれいに咲いていました。
それと、以前「公園」を特集したときに芦間高校の横に「八島さくら公園」がありました。さて、その公園にはホントに桜は咲いているのでしょうか??それも調べてもらいました
結果は・・・
なんと桜がないexclamation&question
周辺の桜はよーく見えるのですが、当の公園内には残念ながら桜は咲いていませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
しかし、つぼみのついた木がひらめき
もしかしたらこれは八重桜の木なのかもしれません。
またチェックしないといけませんねわーい(嬉しい顔)

最後に行ったのは、守口市下島公園。こちらの桜も見ごたえたっぷりです目
そしてこちらも明日、4月3日に「第14回もりぐち桜まつり」が行われまするんるんもりぐち緑・花協会の東さんがお話してくださいましたexclamation
昨年は残念ながら雨が降ってきて途中で中止となりましたもうやだ〜(悲しい顔)
でも、明日の予報では何とか大丈夫そうですexclamation
今日はスタッフの皆さんで明日の準備をされていました。
ステージも組まれる予定で、民謡踊りやよさこいソーラン、銭太鼓の演奏などが予定されています。
またフリーマーケットもあり、40ほどのブースが出店予定となっています。
そして、みんな楽しみなのは模擬店レストラン
フランクフルトややきとり、うどんややきそばなどなど。
内容盛りだくさんですわーい(嬉しい顔)
明日は昨年の分までしっかり楽しんでくださいね〜ハートたち(複数ハート)

  10040205.jpg 10040206.jpg

あっ!ここにも花ずきんちゃんがいましたよ〜(笑)

第14回 もりぐち桜まつり 
   4月3日(土)午前10時〜午後3時 / 下島公園
   駐車場はございません。公共交通機関や自転車・徒歩などでお越し下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最後に、桜を愛でて存分に楽しんだ後は、しっかり片付けもして、ゴミもきちんと持ち帰りましょう。
間違ってもポイっと捨てないようにしてください。
ご協力よろしくお願いいたします揺れるハート
 
posted by もりかど探偵団団員 at 17:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする